子供がネット上で「死にたい」と書き込んできた時が修羅場だったと思う。 

悩んでいるのは分かっていた。 
けど聞いてもハッキリとは答えてくれず、踏み込むことができなかった。 

けど悩みが深刻化しそうだったから、
話しにくいならと、相談できるサイトを紹介した。 
(この頃2ちゃんねるを知らなかったので知恵袋を紹介した) 

私は子供の日記や手紙を盗み見たことは一度もないけど、
この時ばかりは日に日に子供が辛そうだったから、
後日サイトを開いて思い当たるキーワードを入れまくって
子供の書き込みを探した。 
それと、最初に登録方法を教えた時にチラッ見えたIDの一部を探し、
見つけることができた。 

部活の先輩が原因だった。 
子供は心が壊れる寸前だったみたいだった。 

そこで私は他人の振りをしてその相談に回答した。 
めちゃくちゃ同情して共感して、誰かに相談した方がいいと勧めた。 
言えるなら親にも言った方がいいと。 

その効果があったのかどうなのか、子供は話してくれた。 
私は部活をやめてくれと泣いて頼んだ。 
子供はそれでも頑張ろうとしたけど
先輩からのひどい仕打ちが続いたある日、初めて泣いて帰ってきた。 

そこからは早かった。 
夫が顧問に怒鳴り込んで子供を退部させた。 
担任も謝りに来た。 
その先輩に一切関わらせないと約束させた。 

それから2年半が経ち、先日の卒業式で『親への手紙』というのをもらった。 

育ててくれた感謝の気持ちと
「部活をやめて本当に良かった、
あの時、生きることを終わらせなくて良かった」
と書いてあり、改めてすごく辛かったんだな、よく生きていてくれたと思い、
こちらも手紙を書いた。 
「生まれてくれてありがとう、生きていてくれてありがとう」と。 

あの後、心配でもう一度だけサイトを見たら、
相談内容がダイエットになっていたのでちょっと安心。 

もう見ない。


32 :名無し@\(^o^)/2016/03/04(金) ID:Nkx4Kp.net
今までにあった修羅場を語れ 28話目