鬼女まとめちゃんねる|生活2chまとめブログ

2ちゃんねるから鬼女(既婚女性)・気団(既婚男性)・生活・修羅場・復讐・胸くそが悪い話・閲覧注意・黒い過去・黒い今・馴れ初め・結婚・出産・育児・キチママ・泥ママ・セコキチ・託児ママ・気違い・キチガイ・きちがい・基地外・報告者がキチ・くず・ご近所・職場・会社・毒親・いじめ・搾取子・不妊様・妊婦様・ロミオメール・ジュリエットメールなどをまとめているサイトです。

人間が怖い・本性

夜の山を泣きながらマラソンしていると、見知らぬおじさん「××さん家のガキじゃないか。どうした大丈夫か?」→ そして、ゾッとする展開に…

景色

10/04/24
ちょいと1つ挟みますよ。

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。

引っ越す前までは気ままに過ごしてこれたんだけど、引っ越してからはよそ者ということもふくめて周囲から浮いてしまい、アウェーな生活を送っていた。

そんなこんなで同じ年の冬。地域のマラソン大会の選手を選ぶためのマラソン練習が始まった。

夜8時ぐらいに公民館に地域の大人数人と子供たちが集まり、公民館からスタートとして夜の山道をぐるっと走って戻ってくる。

子供が走る後ろから、大人が車のライトで照らしながら伴走するのだ。何度か参加させられていたが、俺はこの時間が一番嫌いだった。俺は運動ができない。


【なにこれ怖い...】通学路から少し離れたところに大きな墓地がありました。僕はタヒ体が朽ちていく様を見るのが楽しみになりました…

骸骨

09/03/27
通学路から少し離れたところに大きな墓地がありました。都内でもかなり有名な墓地です。

正しい通学路を通らずとも、墓地を通って帰ることも出来たので、大概帰るときはそちらから帰っていました。なんというか通学路の大通りに比べて墓地のほうが緑も多いし、人通りも少なく快適だったからです。

むしろ、墓地と言っても、冬の帰り道でも街灯がしっかりと設置されているのでさほど暗くもなく、あまり怖さはありません。

書こうとしている事の発端は中学1年生の春でした。実を言うと、入学したてで不良の先輩達の集団が怖くて墓地を抜けて帰ろうとしたのがきっかけでした。


【後味悪い】近所に優しい韓国人が住んでいたから嫌韓発言する人なんて周りにはいなかった。→ ある日、テレビを見ていると・・・

韓国

16/04/11
むかし近所に金さんという韓国人がいた。

金さんは韓国料理と中華と和食の中間みたいな
定食屋さんと居酒屋さんの中間のお店をしていて かなりの人気店だった。


【衝撃の内容】俺「おじさんは何で肉が嫌いなの?」おじさん「話してもいいけど、聞いたらお前も肉が食べられなくなるかもしれないぞ」俺「き、聞くよ...」

f679e40a

855:
鬼女まとめちゃんねる 2012/07/01(日) 19:09:18.34 ID:Unmjr18p0
親戚のおじさんの話。 

彼は肉を食べない。 
菜食主義者な訳ではなく、ただ単に好きではないだけだと言う。

その証拠に魚は好物でメザシや一夜干し等の干物は食卓に欠かさない。 
秋刀魚の時期になるとさも旨そうに2本は平らげる。

「なぜ肉が嫌いなのか?」

と聞いた事がある。

「話してもいいが、お前も肉が食べられなくなるかもしれないぞ」

という答えが返って来た。


映写機に、ある女の子が映った → 俺「あれ?この子って...」→ 恐怖を感じた子供たちは無言で外に向かって走り出した → すると、すごい形相の先生が・・・

少女

01/09/26
俺が小学生だった頃の話。

近所の小さな珠算塾(ソロバンね)に通ってた俺は、毎年、クリスマスの日の塾を楽しみにしてた。

クリスマスの日だけは授業をあまりやらずに、先生が8ミリフィルムの映画を子供たちのためにかけてくれるからだ。

アニメが主体で、「がんばれタブチ君」とか、ディズニー映画、チャップリンの映画などを見せてもらう。それが終わったら先生がお菓子をみんなに分けてくれる。毎年、すごく楽しかった。


牛丼屋で、俺「それ、ヤバいっすよ...」男性「知ってますよwご心配なく。今から、みんな頃すんですよ(ニコニコ」俺「( お、おう...)」

骸骨

15/11/02
怖い話とは少し異なる気もするが。スレ違いなら申し訳ない。

2,3年前かな。仕事帰りに同僚と1杯やって、ふらふらしながらすき屋に行った。日付は越えていたと思う。

そんな時間まで飲んでたってことはたぶん金曜。いやもう土曜か。客は俺1人。食い終わり席を立とうとしたところで新たに客が入って来た。仮にA氏としておく。

A氏『えーと、キング盛りってありますか?』

店員『あ、ご用意できます』

A氏『持ち帰り出来ますか?』

店員『申し訳ありません、こちらでお召し上がりのみになります』

A氏『ああ、じゃあそこのコンビニで入れ物買って来るので1つお願いします』


女子大生(キャバ嬢)「最近、ウザイ客につきまとわれてて...」私(ヘアメイク)「それは大変だねー」→ その後、彼女はタヒんでしまったんだけど、これの真相が超絶恐ろしかった…

男性

10/09/07
これは去年の話。横浜にあるキャバクラのヘアメイクをしていて、その時聞いた話なんだ。

キャバクラで働く女の子(仮にAさん)におきた本当の話。

Aさんは20歳になったばかりで、大学に通いながらキャバクラで働いてるという、よくいる女子大生キャバ嬢だった。

「最近、ウザイ客につきまとわれてるから、やめよっかな~」

よくある事だと思った。


893「ここで何をしとるんや?」俺「夜景見ようと思って...」893「そうか、ほな行くわ」→ 俺「怖かったな」友「・・・ 俺、見ちゃった。後部座席にさ...」

復讐

10/03/29
友達と山にドライブに行ったとき、深夜でしかも霧がかってたので、 
後続車もないしチンタラ走ってたんだ。 
俺たちは頂上付近の展望台を目指していた。 
すると、かなりのスピードで俺たちに接近してくる後続車。 
後ろにいた友人が
「ベンツや!スモーク張ってるしやばそう!!」
と。 
運転手だった俺は、停車するにもこの勢いじゃ追突される・・・!
と思い、アクセルを踏んだ。 


人気記事
おすすめ記事
記事検索
今注目されている記事
話題の記事
カテゴリー
アーカイブ
Pick up
メッセージ
RSS
スポンサードリンク