小屋

305:
おさかなくわえた名無しさん 2014/03/10(月) 15:29:19 ID:27RxU1Z/
相手がめでたく塀の向こうに行ったので厄落としに。 

数年前にあったこと。 

父の単身赴任が決まった頃、私はすでに地元の高校に入学しており、
母だけ父についていくことになった。 

私はすぐ近くにある祖母の家から学校に通うことになってから、
住んでいるところが田舎ということもあって、休日には
祖母の畑仕事を手伝うことが日課になった。