横断歩道

569:
おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 07:51:02.77 ID:w6HiL0pc.net
修羅場なのかな。凄く後悔した話。 

小中高と同じ学校で、中高では同じ部活に入り、すごく仲の良かったA子。 
大学で私が地元から離れた後も、私が地元に帰る度に遊んでたんだけど、 
A子が結婚してからはなかなか時間が合わず、年に1回会うか会わないか、という状況に。 

そんなA子が、結婚数年目にして女の子を出産。
これはぜひ赤ちゃんの顔を見なければと地元に戻り、A子の家を訪ねた。
 
久々に会うA子はやせており、顔色も悪かった。 

「育児でなかなか眠れない。1人の時間が無くて疲れてる。」

とA子。

どうやら旦那は仕事が忙しく、同居の義両親もあまり育児に手を貸してくれる
タイプではなく、初めての育児にかなり疲れてしまっているみたいだった。
 
私は仕事がら赤ちゃんの扱いは慣れていたので、良かれと思い、
 
「よかったら数時間で良いなら面倒見てるから寝てきたら?」

と提案。