宗教

278: 
本当にあった怖い名無し 2009/08/21(金) 23:49:48 ID:edz+SqwT0
俺が税務署の職員だった頃の話。

90年代の頃だが、田園調布のある家へ査察に入った。すると、玄関で奥さんがじゅずをじゃらじゃらさせつつ、

「悪霊退散、悪霊退散、悪霊退散。」

と、ひたすらつぶやいている。

この家がある神道系カルト新興宗教に帰依(きえ)しているのは調査で知っていたが、さすがに面食らったし不愉快だった。税務署員には珍しく短気な同僚Aは、

A「ずいぶんと奥さんは不機嫌ですね」

等と皮肉を言う。家の主人もふんっと鼻で笑い、人を食った様な事を言う。

主人「家内が言うには、どうも本日来る客人が、災いを運ぶとの夢を見たらしくてね」

家には宗教関係か、まがまがしいデザインの神棚があるだけで、他は普通のセレブの家である。

調査を開始するが、脱税の証拠が、どこを探しても見つからない。家の主人は余裕しゃくしゃくで頭に来る。と思った矢先、Aがあっと声を上げた。そして、調査してない所が一つだけあると言った。