コスモス

599:
おさかなくわえた名無しさん 2006/04/24(月) 00:41:45 ID:j7wnF1XD
寝不足で車の運転に自信が持てなかったので、電車にて帰宅した時のこと。 
前に立っていたお姉さん(と言ってもきっと私より若い(爆))が、
くにゃりと倒れ込んでしまった。 

「大丈夫ですか?」

と声をかけても朦朧としているようで返事がない。 
これは席を譲るだけでは済みそうもない、と判断した私は、
周囲の人にも声がけしてその女の人を降ろすことにした。 

隣に座っていたおばあさんとその前に立っていた若い男性が手伝ってくれて、
無事ホームの椅子に寝かすことが出来た。 

男性は駅員さんに声をかけておきます、と去り、
おばあさんも上品そうな会釈を残して去っていった。