鬼女まとめちゃんねる|生活2chまとめブログ

2ちゃんねるから鬼女(既婚女性)・気団(既婚男性)・生活・修羅場・復讐・胸くそが悪い話・閲覧注意・黒い過去・黒い今・馴れ初め・結婚・出産・育児・キチママ・泥ママ・セコキチ・託児ママ・気違い・キチガイ・きちがい・基地外・報告者がキチ・くず・ご近所・職場・会社・毒親・いじめ・搾取子・不妊様・妊婦様・ロミオメール・ジュリエットメールなどをまとめているサイトです。

悲しい話

【闇深】伊勢丹で試着室に入っていると、5歳くらいの男の子が入ってきて、「さんぽだよ」と言う → 俺「???」→ すると、予想外の出来事が巻き起こり・・・

エスカレーター

【オカルト】


829: 鬼女まとめちゃんねる 2009/09/05(土) 03:12:11 ID:Xy40ZO7t0
伊勢丹で買い物をしてたら1階エスカレーター付近で迷子だろう子供を見つけた。

別に泣いてるわけでもないが、さすがに5歳ぐらいの男の子1人では来てないだろうから迷子と思ってた。

キョロキョロと何かを探してる。近場には親らしきものはいない。

冷たいかもしれないけど、無視してエスカレーターへ。服を探してたら案の定アナウンスが。

「〇〇からお越しの××様、お子様がお待ちです~」

と特徴等を伝え、案内所に来るようにうながす。

先ほどの子供の事が頭に浮かぶ。何となく耳に入った程度でそれほど気にせず、良い服が見つかったので試着室へ。


【かなりの衝撃】夜中に、同じアパートに住んでたおっさんのところに娘さんが訪ねてきた → 娘「開けてよー!」俺(締め出されたのかな?)→ 翌日聞いた話によると・・・

アパート

【※後味の悪さに注意】


11/09/19
じゃ、投下させていただきます。

すごく微妙な話で道徳的に気分が悪くなる人がいるかもしれない。あらかじめ謝っとく。障害者が出てくるけどそういった人たちを差別するつもりはありません。

俺の住んでる地域は、田舎ほど関係が密接でもなく、都会ほど我関せずでもない。

アパートなんだけどなんとなく他の部屋の人のこと知ってるし、大家も同じところに住んでいてよくあいさつしたり雑談したりするし、でも噂話とか悪いのに限って耳に届きやすい、そんな場所。


深夜、母に「火事だー!!」と叩き起こされ、みんなで家の外へ逃げた → すると母が「・・・」一同「え?」→ 以降、この話は家族のタブーに…

火

13/01/27
俺の母親はまじめで温厚で、父が死んでからも介護の仕事を続けながら、4人の子供を育ててくれた。

母が怒ったり泣いたりする所も、人の悪口どころか軽いグチを漏らした所すらも見たことがない。


【悲しい真相】物心ついた頃からトイレに住んでいた。どこの家にも1人や2人、自分のようなトイレ番役がいると本気で信じていた…

トイレ

318:
鬼女まとめちゃんねる 2014/01/05(日) 18:09:04.81 ID:zdvqsw5w
衝撃的だった体験か。 
ココでしか言わんが、物心付いたころからトイレを部屋にして住んでた。
 
オヤジは暴力家で、俺と母に対してよく暴言を吐いてた。

家族がトイレを使用したいときは部屋を出てじっと待ち、 
部屋で暇なときはトイレや床磨き等して、寝るときは体縮めてマット被って寝てた。

ご飯はおにぎりを便器の蓋の上で食い、具は下校途中に雑草摘んで飽きた舌を誤魔化してた。

世間の皆さんは一家に1人や2人こんなトイレ番役がいるんだと本気で思ってた。


同窓会で、久しぶりに仲の良かった女友達と再会 → お互いの近況を話す中、私「来年結婚するの」→ すると彼女がまさかの言葉を…

女性

86:
鬼女まとめちゃんねる 2015/10/16(金)15:32:58 ID:zrz
ずっと友人だと思ってた人が友人じゃなかったこと。

高校の同窓会、みんな化粧やお洒落を覚えたりスーツやドレスを着たりして当時よりも華やかになっていて、和気あいあいと盛り上がってた。

幹事の男子が頑張ってくれたおかげで当時の学年の生徒はほぼ全員集まった。ホテルの一室を貸し切った同窓会で、ご飯も美味しかった。

そこで再会した高校時代の友人。

この子は当時暗いとか地味だとか言われて交友範囲も狭くてクラスでも目立たない方だった。

だけど、あまり派手で賑やかなのが好きじゃない私は、落ち着いた雰囲気の彼女と親しく付き合っていたつもりだった。


義兄と甥が交通事故でタヒんだ。告別式の朝、親「お姉ちゃんが息子くんと消えたっ!!」→ 発見された姉は、『亡骸』を抱えて・・・

妖精

426
鬼女まとめちゃんねる 2017/05/04(木) 14:29:29.95 ID:ZQw937BK
俺が高校3年の時に、姉の7ヶ月になる子供と旦那が交通事故で死んだ。
 
旦那は結構酷い状態だったけど、子供の方は綺麗。 
本当に死んだの?って疑いそうになるくらいだった。
 
だから余計かもしれないが、姉が甥の死だけ理解できなかった。 

告別式の朝、すごい剣幕の両親に叩き起こされて
 
「姉ちゃんが息子くんと消えたっ!!!」
 
って言われた時は本当に修羅場。

【悲痛】彼「俺の2学年上の人がさー、父親が頭おかしいみたいで、きったない弁当しか持ってこなくてさ、よく便所に弁当捨てられて泣いてて、すっげー笑えたw」→ 私「(それは...)」

悲痛

664:
鬼女まとめちゃんねる 2011/07/21(木) 20:02:44.01 0
うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。 
当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。 

私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。 
母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた) 
ずっと雇われでやっていました。 
美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに 
母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。


夜中に向かいの女の子の声がした → 女の子「ちょっと星空を散歩してきまーす」→ 俺「夢?」→ 翌朝、向かいのおばさん「ウチの娘がいないんです!」→ なんと…

魔法使い

253:
本当にあった怖い名無し 2011/07/27(水) 01:59:03.56 ID:7GuDw0E00
僕が中学校に上がりたての頃、向かいの家に1コ下の幼なじみがいたんだ。

いわゆる不思議ちゃん系の娘で、いつかは魔法使いになって空を飛びたい、なんて言う可愛い思考を持ってた。

時々魔法のつえと称して、木の枝の出っ張った部分をカッターで切り落としてハリーポッターの杖とか作ってたっけ。

人気記事
おすすめ記事
記事検索
今注目されている記事
話題の記事
カテゴリー
アーカイブ
Pick up
メッセージ
RSS
スポンサードリンク