狂ってる

142 :
名無しさん@おーぷん 2016/10/04(火)11:57:47 ID:jZG
大学時代、軽食を出す店でアルバイトしていた。
職場にはAさんという明るくて誰にでも親切な子がいて、職場の人気者だった。

ある時そのAさんが、通ってる大学のキャンパス移転に伴ってバイトを辞めることになった。

辞める前に一番にその話を聞いた私は、

「Aさん辞めるなんて寂しい、みんなに声掛けて送別会やっても良い?」

と訊いた。Aさんは笑顔でうなずき感謝した後、急に顔を曇らせ

「・・・みんな、ってみんなですか?」

と言った。Aさんが何を言いたいかすぐわかった。

Aさんの仕事のささいな失敗を延々あげつらったり、
私服のセンスがどうとかネチネチ陰口を叩いてるBという奴が職場にいた。

「Bさんは呼ばないよ、大丈夫」

と言うと、Aさんは

「良かった、すいません」

と喜んでた。

そして後日、Aさんとシフト時間がかぶる親しかった数人で
飲み屋に集まって楽しい送別会をして、Aさんは辞めて行った。