ハグ

26:
鬼女まとめちゃんねる 2014-03-28
これは鬱になった私を生かしてくれた旦那の話です。

私は夫と結婚するにあたって、私が正社員で、夫に兼業主夫をしてもらうように求めた。
私のしていた仕事が専門的なものでもあったし、仕事が楽しくて仕方ない時期だったからだ。

そんなノリにノっている時期に大学時代から付き合っていた夫にプロポーズされたのだけど、夫も大好きだったし、仕事も楽しい。
しかも事務系の夫より私の方が収入が多かったため(それと夫の方が料理がうまかったため)、夫には極力家のことをしてもらうように望んで、夫もそれを受け入れてくれた。

そして結婚して3年が経った頃、私がおかしくなってしまった。