鬼女まとめちゃんねる|生活2chまとめブログ

2ちゃんねるから鬼女(既婚女性)・気団(既婚男性)・生活・修羅場・復讐・胸くそが悪い話・閲覧注意・黒い過去・黒い今・馴れ初め・結婚・出産・育児・キチママ・泥ママ・セコキチ・託児ママ・気違い・キチガイ・きちがい・基地外・報告者がキチ・くず・ご近所・職場・会社・毒親・いじめ・搾取子・不妊様・妊婦様・ロミオメール・ジュリエットメールなどをまとめているサイトです。

呪い

私「姑さんの形見の指輪は?」義兄嫁「売ったよwあんなのいらないしww旦那には黙っててよね^^」私「えっ」→ 驚きの展開になって・・・

珊瑚

引用元:その神経がわからん!その43
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1529484552/

894: 鬼女まとめちゃんねる 2018/07/20(金)19:00:14 ID:xej
たぶん偶然が重なっただけだと思うけど、あまりに意味ありげな偶然だったのでゾッとした話。
でもメインは義兄嫁の神経わからん話なのでこちらで。

もう10年も前のことだけど、義母が癌で闘病してて、もう本当にいつ別れがくるか分からないって状態の頃に義母が私と義兄嫁を病室に呼んだ。


【衝撃】友達と神社の境内へ天体観測に行ったら「コーン…コーン…」と謎の音が響きだした。音を目指して行くと美しい女が・・・ → 俺「みんな逃げろ!!」→ すると・・・

神社

763:
鬼女まとめちゃんねる 2012/05/18(金) 13:42:20.58 ID:XyhKs1CA0
俺が小学生だった80年代頃の話。

友達のAとBと一緒に、Bが誕生日祝いで買ってもらった
天体望遠鏡を使って天体観測をすることになった。

俺の家とAの家は住宅街だったし、Bの家はうちから若干
離れていた田舎だったけど、庭でできそうもなかったので、
Bの家の近所の神社の境内でしようということになった。

夏休み中だったのでBの家で一泊する事になり、ある程度
夜更かしを許された俺達は10時頃までゲームをしていた。

そしてそろそろいくかーと虫よけスプレーなどして準備万端でいざ神社へ向かった。

半年の間に3回も事故った兄嫁「お祓いに行きたい」兄「バカバカしいw」兄嫁「私がタヒんでもいいのね...」→ しばらくして、私はトンデモナイ物を見つけてしまった…

ぬいぐるみ

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その6】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1414581058/

196: 鬼女まとめちゃんねる 2014/11/07(金)23:42:00 ID:rn2paaYsz
兄嫁さんの修羅場。現在進行形。

8月に兄嫁さんの乗っていたタクシーが、信号待ち中に後ろから別の会社のタクシーに突っ込んでこられた。
完全に停止していたので、10:0で相手の過失。兄嫁さんは首を痛めて通院してた。

通院が終わった頃、今度は兄嫁さんの運転する車が、バックをしくじって隣の家の郵便ポストにヒット。これは結局保険使わず直したらしいんだけど、これも10:0。もちろん兄嫁さんの過失。

で、郵便ポストが直った直後、今度は兄嫁さんと私が買い物に出かけて、スーパーの駐車場で駐車したら、別の車が突っ込んできて(初心者マークつけてて、バックを失敗したらしい)私の車が損傷。もちろん10:0。

二度あることは三度あるっていうけど……ねえ、って兄嫁さんと話していたら、私の車が修理から帰ってきた直後、また兄嫁さんの乗っていた、停車中のうちの親の車にバイクが突っ込んできた。


同窓会に参加すると、俺をイジメていた主犯3人がタヒんでいた → 幹事「お前がやったんだろう!?」俺「は?知らんし...」→ その後、なんと幹事も自サツ未遂をしてしまって…

罪の意識

23:
鬼女まとめちゃんねる 2015/06/15(月)22:58:32 ID:qPl
衝撃的っつーかちょっとホラー入ってるけど書き捨て。

当方アラフォー既婚者。
GWに同窓会の知らせが届いたんで参加してみたら、中学の頃に俺を苛めぬいてた主犯が3人ほどこぞって死んでた。

1人は事故死、1人は病死、1人は変死だったらしい。

同じく苛めぬいてくれた1人が

「お前が呪い殺したんだろ。早く呪い解けよ!」

って胸ぐら掴んできたんだけど、そんなもん知らんがな。

こっちは苛められた記憶なんざとっくに消化して平和に暮らしてたのにな。


海外の工場へ出張に... → 俺「暇だ...その辺りを散歩するか」現地人「絶対ダメ」俺「おk。わかった(黙って行ったろw)」→ とんでもなく恐ろしい出来事が俺の身に降りかかる…

飾り

09/08/18
俺はある機械メーカの技術者なんだけど、うちの機械は世界各国の工場でも使われている。

で、すえ付けや調整、指導なんかで1ヵ月ほどそこに出張というのが年に1、2回あった。

これは最近、近所の大国へ行ったときの話なんだ。

機械を買ってくれた工場は、発展している沿岸部からそう遠くない所にあった。でもすんごい田舎で、大きな工場の周りにはほとんど何もないような所だった。

工場は昔の国有工場で、数年前に台湾の会社との合弁会社になり、設備投資を始めたんだ。

その台湾の会社から、管理職や技術者が数人来ていて、王さんという技術者が日本語ぺらぺらで、俺の通訳や世話をしてくれた。


人気記事
おすすめ記事
記事検索
今注目されている記事
話題の記事
カテゴリー
アーカイブ
Pick up
メッセージ
RSS
スポンサードリンク
×