黄昏の少年

970
 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 13:42:47.96 ID:On7YJGuV.net
身バレするとマズいので5割は俺の創作、ということにしておく。
創作なので辻褄が合わない所もたくさんあるがスルーして欲しい。 

当時、俺は幼稚園生ぐらいの年齢で今で言ういわゆるネグレクトというやつだった。
両親共にパチンコ狂いで、俺と妹(当時まだ乳飲み子)は、両親が
パチンコをしている間は家か車かパチンコ店かで適当に過ごしていた。 
幸い暴力の虐待などはなく、本当に子どもに興味がない、という感じだったんだと思う。
 
両親に遊んでもらった記憶はなく、おもちゃなども家に全くなかったので、
広告の裏に鉛筆でひたすら絵を書いて遊んでいた。 
生きていく最低限のことはやってもらっていて、お風呂も時々だけど入れたし、
食べ物も両親の気が向いた時や、近所からの頂き物?の
お菓子か何かがあるときはそれごとくれることもあった。 
パチンコで勝ったときは両親の機嫌も良くて、本当に時々だけどファミレスに
連れて行ってもらったこともある。(これが子どもながらに一番嬉しかったw)