迫る魔の手
671: 
名無し2012/01/09(月)
ある日の昼の3時頃、A氏という男性が我が家を尋ねて来ました。 
A氏は主人の友人(B氏)の上司を名乗り、
B氏が失踪したので 同郷の友人である主人に何か知らないか
訪ねてきた来たとのでした。

すぐ主人に電話して聞いてみたところ 
失踪の話自体初耳だし、居場所も知らないとのことだったので 
その旨をA氏に伝えたら、 
何か分かったらすぐに連絡をしてほしいと連絡先を置いていきました。 

別にどこがおかしいというわけでもないから上手く説明できないけど、 
でも私は、このA氏に物凄く嫌な感じを覚えました。