子猫

395:
おさかなくわえた名無しさん 2017/01/25(水) 14:16:11.53 ID:Oio7cCxA
2年前にニートだった兄が働き始めたキッカケが衝撃的。 

兄は頭は良く一応いい大学を出た後、名のある銀行に就職したが 
たった3ヶ月で辞めてしまい、以来引き摺り状態だった。 

しかしニート5年目になったある夜中に私の部屋をドンドン叩きまくり、
ドアを開けるといきなり 

「(私)、今いくら金ある?頼む貸してくれ、必ず返す!あるだけ貸してくれ!」 

私はアホかと思いつつ若干涙を浮かべている兄に

「何に使うの?」

と一応聞いた。
 
当時私は大学生で実家住まい、バイトもしてたので 
20万位の預金、財布には2万ちょっと入っていた。