tLYpc_wnkDxicj11513059930_1513059932

829:
おさかなくわえた名無しさん 2013/06/01(土) 00:49:44.73 ID:
Q6O/T/2p
私が2歳の時の修羅場 
家の縁側で祖母がアイロンがけをしており、 
私は中の部屋で昼寝をしていたらしい。

そこに宅配便のお兄さんがやってきて、
夏の暑い日だったので、祖母は冷たい麦茶をふるまった。

田舎だし、そのお兄さんもご近所さんだし、よくある話だったんだけど、
祖母が麦茶を出して世間話をしていたところ、

「ふんぎゃぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁあぁ!!!!」

と、100m先の畑で野良仕事をしていたおじさんも駆けつける様な
ものすごい悲鳴を私があげ、けたたましく泣き出した。

祖母もお兄さんもびっくりして急いで私を見たところ、
なんとアイロン台の下に祖母が隠したつもりだったアイロンを
寝ていたはずの私がつかみ、自分の左手にアイロンをかけていた。