うちの母親はちょっと頭おかしかった

どのぐらい頭おかしいかというとOL時代に後輩さんを精神的に追い込んで
退職させたことをドヤ顔で自慢するぐらい

後輩さんへのいじめの内容も、
ゴミの浮いたお茶を上司に出して後輩さんが淹れたって嘘吐いたとか
報告すべきことを報告したって嘘吐いて
実は報告してなかったとか迷惑なことばっかり

私が直接知る限りでもクズいエピソードは数えきれない

真っ昼間に子供が公園で走ってるだけで
うるさいだの静かにしろだの若いお母さんに説教
砂場にいた幼女を蹴っ飛ばす
わざわざ女子高生に近寄っていって邪魔って言ってぶつかる等々…

郵便受けに真っ赤な字で「死ね死ねしねry」って100個ぐらい
死ねって書かれた紙切れが入ってたことがある

父さんは温厚な人だし当時私もお姉ちゃんも小学生だったから
心当たりは母親関連しかない

家での被害者は主にお姉ちゃん。
私が小さい頃は家の中はお姉ちゃんの頬を叩くパシッという乾いた音と
怒鳴り声ばっかり響いていた

私は小さいとき胃が弱くてよくゲロ吐いてたんだけど
私もゲロ吐く度に叩かれたりしてた
ゲロ吐く=怒られるみたいな認識だったから
彼氏の前でゲロ吐いて心配された時は「えっ?」ってなったよ

大きくなって腕力が使えなくなると束縛束縛アンド束縛。

私が中学生になった頃にはお姉ちゃんは見事な拒食症のメンヘラになってた
太腿は”太”腿じゃなくなるわ、
肌は白いを通り越して青白かったりドス黒かったりするわ、
この辺から流石に周りの大人たちも口を出すようになってきた

お祖母ちゃんが「これ読め」的なこと言って
拒食症とか子育て関連の本を持ってきてくれたんだけど

「望むもの全てを与えたら人は駄目になる」

「子供が我儘を言っても毅然とした態度を貫くことが結果的に良い結果をもたらす」

「親の威厳がなくなってきている」

「子育てに失敗しても親は自分を責めなくていい」

「親をコントロールするために食を拒む」

この辺の文に赤ペン引いてこれ見よがしに見せて、
母はますます意気揚々とお姉ちゃんを虐めた

結局お姉ちゃんは叔父さんの家に避難することになったんだけど、
お姉ちゃんの希望で私も一緒に叔父さんの家に避難して家から脱出した


理由は伏せるけど、最近になって母と会う機会があった
全く気付かないうちに父さんと離婚してた母は歳の割に白髪が多かった。
腰もかなり曲がってた。まだ一応40代なのに

今なら聞けるかなって思って、
なんで私とお姉ちゃんに厳しかったの?って聞いてみた

なんかよく解らないけど、
若い頃に凄く羨ましいなぁって感じたことがあったらしい

自分が朝早くから霜焼けで手を真っ赤にして安い賃金でこきつかわれてる時間を
同い年の友人はいい職につくための勉強に費やしている

自分と同年代の女の子はバイトで稼いだお金を自分のために使える

仕事の都合でネイルも染髪もできなかったのに、
同年代の女の人たちは髪を好きな色に染めて爪を可愛くデコってて、
とても綺麗だったんだと

それが凄く羨ましかったんだって

『「お前たちは親や伴侶に庇護されているけど本当は世の中は辛くて厳しいものなんだ」ということを教えたかった』

と言われた

そんなしょーもないことで…って



672 :名無し 2016/02/16(火) ID:64G
今までにあった修羅場を語れ【その16】