ポスト

589 :
名無しさん@おーぷん :2015/11/13(金)15:51:19 ID:b3Q
「女は星の数ほどいるが母はこの世に一人しかいない」
「母を思いやる心、うまくやって欲しいという至極当然な願いを
ぎゃーぎゃーとヒスって拒むだけの女には軽蔑しかない」
と宣言して嫁いびり→DVの末に離婚した叔父

離婚後は祖母とふたり暮らしで蜜月を送っていたが、祖母(78)の具合が悪くなった
しかし祖母は我慢して病院へ行かなかった

病気なのは薄々わかっていたが
「入院したらタカちゃん(叔父)の御飯は、お弁当は」
と心配で病院に行けなかったという
お米を届けに寄ったうちの両親が、そのあまりの痩せっぷりに驚き医者へ引きずっていくとステージⅣの末期だった
病床でも祖母は『タカちゃんの御飯』を毎日気にしていた
タカちゃんは見舞いにほとんど来ず、臨終の瞬間はさすがに来たがコンビニ弁当で太り、脂ぎっていた
祖母はなぜか最期に元叔母(タカちゃんの元嫁さん)の名を呼んで死んだ

その叔父が元嫁へ送ったロミオ葉書
「ご無沙汰しています。母が亡くなったことをお前も聞いたと思う。
母は最後までお前の身を心配していた。
あんなに母を嫌ったお前を、最後まで気にかけていた。
死ぬ直前、母はお前を許した。お前の名前を呼んで、もう怒っていないから、タカシとやり直しなさいと言ってくれた
(註:言ってない)。
そんな母の気持ちに、おれもお前も報いるべきでないのか。
この歳でこんなセリフは照れくさいが、お前を今も愛している。愛は尊いと母は最後に教えてくれた。
母の気持ちをムダにするべきでないと思わないか。
連絡待ってる。住所は変わらない。携帯番号は(以下番号)。過去は問わない。母も待ってる」
叔母が封書でなぜか父宛てに送り返してきた↑
たぶん離婚の時、父がDV叔父を必死で止めたのを覚えてるからだと思う
うちの母の感想「母って何回書くねん」

そんなに大事な母親が入院中に スリッパ一つ届けず
「おれは仕事してるんだぞ!」
と電話口で怒鳴って泣かせたのはどこの誰だよ…


その神経がわからん!その13