苦悩

16/05/25

実兄にセイ虐待をされ続けたことを家族にカミングアウト、
話を聞いた親族ほとんどが兄の味方だったことが修羅場でした。

長男→12歳年上
次男→9歳年上
姉→4歳年上
私→修羅場当時高校生
母親は他界済み。

父親は、母親が亡くなってから私たちを家政婦だと思っているようで
信用していませんでした。また父親と母方の祖母の折り合いが悪く
母親が亡くなってから別居済み。
父親、次男、私で同居。長男、兄嫁、母方の祖母で同居。
姉は新幹線で1時間ほどの所で1人暮らしでした。
ここまで前提です

実兄(次男)に3、4歳〜高校1年までセイ的虐待をされていました。
幼い頃は、長時間拘束されるのが苦でしたが、嫌悪感はありませんでしたし
(そういう事の意味がわかっていなかったため)
兄が内緒だよ、と繰り返す為本当に内緒にしてしまいました。

拒否をするようにはなりましたが、
拒否すればするほどエスカレートするので私も疲れきってしまい、
もう兄の子供でもなんでもできて、それで気づいたらいいと
やけになってしまい、中学生の頃に初めて肉体関係をもちました。

お前に彼氏ができたらやめてあげると言われましたが、
当時いじめられており保健室登校だったため無理な話でした。

高校に入るのは兄と離れるチャンスと思いました。
ですが、父と父の弟嫁(過干渉)がここ以外高校と認められない!と言い出し、
前述した通り半年以上保健室登校だった事もあり、学力的にも無理だ、
授業についていけないと何度も交渉しましたが結局私が折れ、
どうせ落ちると思っていたがたまたま定員割れしてなぜか入学した

高校生になると、兄はかわいい制服を着た私とできると大喜びでした。
私は兄の、彼氏ができたらやめてあげるという言葉を信じ、
文系の部活は女の子が多かったため、体育系の部活に入部しました。

もともと運動音痴な上、案の定授業には付いていけず、疲れて帰り家事もして、
山のようにある予習と宿題をこなして寝ると、毎日深夜になっていました。
それだけでもきつかったのに兄の夜の相手までさせられ、もう限界でした。



その年の冬休みに姉に相談、
姉が費用を出してくれて姉宅にお邪魔になりました。

姉からから長男→父方の祖母→父親に話が行き
(私からは父親に話したくなかったのでちょうどよかった)
冬休みも終わるのでとりあえず、と長男宅にお邪魔になりました。
兄嫁さんも歓迎してくれたと思います。

その間に父親が次男に事実確認。
次男は「男だからこういうことで悪者にされるのはしょうがない」みたいな事を
キレながら言い認め、父親は次男のあくまで私の味方のような言い方を
「私を責めず事実を認めた!さすが!すごい!」みたいな
なぜか次男をベタぼめでした。

高校の担任にこういう事で消耗しており学校を休みたいです、と相談。
肺炎で入院って事にするから、しばらく休みなさいと親身になってくれました。
しかし休んだ事から高校へ相談したと父親にばれ
「高校なんて信用できない、もし近所に知れたら世間体が〜」と騒ぎ出し、
父親の祖母、父親、父親の一番下の弟一緒になって私が誘ったんじゃないか、
ゴウ*とは言えないだろう、和解しろみたいなことを言われました。

埒があかないので、児童相談所に連絡。
隣の市の本部?的なところから明日お迎えがくるとのことでした。
そのまま一時保護され、児相の方から父親にお話。
私が警察に行ったり裁判に持ち込めば勝てる要素は無いので、
そうされたくなかったら次男を勘当しろと伝えてくれたようでした。

父親は来週までに次男を家から出すと約束し、まもなく次男を家から出した
との報告があり、私と児相の職員2人で一時保護所に持っていく
私の荷物を取りに行きました。

玄関には父親が履くには若々しい新品に見える靴が置いてあり、
もしかしているのでは、と怯える私。
恐る恐る私の部屋に行くと、それまでなかったこたつ、
PCなど新品のものがたくさんあり、すぐに次男だ、と私は察しました。

極め付けは、妹物のA*が何本も転がっており、全然反省の色が見られませんでした。
私の制服や、部活のユニフォームはズタズタに切り裂かれており、
近くにカッターが落ちていた事もあり、
会ったら殺されると部屋から児相の方に泣きつきました。

嘘をついた事を父親はあっさり認め、
次男は前までニートでようやく気に入った職についた(アルバイト)、
だから奪わないでやってくれと主張されました。

父親が兄を管理する、私には近づかせない、破ったら警察、
これが私の要求で全部それを父親が飲みました。

それからは電車で2時間かけ一時保護所から高校に通いましたが、結局やめて、
姉宅にお世話になり定時制の高校に通い卒業しました。

今の職場で出会った方と結婚し、今はとても幸せです。
ただ、今でも思い出しては憂鬱になるので、どこかに
書き捨てれたらと思い書き込みました。
昔話を長々と失礼しました


970 :名無し ID:njZ
今までにあった修羅場を語れ【その17】