鬼女まとめちゃんねる|生活2chまとめブログ

2ちゃんねるから鬼女(既婚女性)・気団(既婚男性)・生活・修羅場・復讐・胸くそが悪い話・閲覧注意・黒い過去・黒い今・馴れ初め・結婚・出産・育児・キチママ・泥ママ・セコキチ・託児ママ・気違い・キチガイ・きちがい・基地外・報告者がキチ・くず・ご近所・職場・会社・毒親・いじめ・搾取子・不妊様・妊婦様・ロミオメール・ジュリエットメールなどをまとめているサイトです。

衝撃体験

【狂気】スポ少の泊まり合宿で映画を見ることになった → 指導員「ドラえもん見る人はこっちねぇー」→ しかし、連れて行かれたのは体育館 → 指導員「じゃ、走るから」俺たち「え?」

0ec2499d

14/02/12
心霊的な話とは違うのですが未だに理解出来ない事があって書きます。

小学生時代、地元のスポーツ少年団で5年生になると研修施設で一泊する合宿会があった。

合宿と言っても普通の林間学校のようなもので、野球、サッカー、バレー、剣道と普段の種目に関係なく男女みんなでレクをしたり、キャンプファイヤーしたりとかそんなのだった。


大量の小学生が泣き叫びながら、俺が運転している車の前に飛び出してきた →『ゴツン!!』→ 俺「あー、人生終わった...」→ 結果・・・

車

489:
鬼女まとめちゃんねる 2011/12/10(土) 09:48:55.93
わき道から車道へ、大量の小学生が泣き喚き飛び出して来て、 
自分の車の前に来た時は、人生終わったと思ったな。

前をかすめた子どもが倒れて、もう1人がボンネットに乗り上げ、 
リアのほうでなんか「ゴツン」みたいな音がして、わけがわからないまま、 
やっちまった、人殺しだ、何でこんなことに、 
塩鮭にマヨネーズは塩分高すぎ、ごめんお母さん、 
兄ちゃんと父ちゃんの仕事はどうなる、俺も死のう、 
素人DTは切りたかった、死にたくない、車のローンは死んだらチャラだ、 
みたいなことを数秒で一気にわーっと考えた。 


私の夫の子を妊娠したと、女性が訪ねてきた。話を聞き、2人で泣いていると夫が帰宅 → 女性『#$%&@?』私と夫「え?」

パリピ

13/05/04
ありえないくらい偶然が重なった10年以上前の修羅場。
 
うまく書けないので箇条書きに。 

・夫と付き合っている、妊娠したと告げたら音信不通になったと、女性がたずねてきた
 
・しかも今の今まで結婚していることは知らなかったと、泣く
 
・当時私も妊娠中で、お互いパニックになり、なぜか二人で手を取り合って泣く


【驚愕】新婦友人として結婚式に参列。披露宴の際、お色直しで退席した新郎新婦が中々戻らない → やっと戻ってきた2人の姿を見た私「な、なんだこれは...」

新郎新婦

11/03/07
去年の12月に新婦の友人で参加した結婚式と披露宴。
 
寒い中庭のチャペルで式。
その後フラワーシャワーとブーケトス、親族だけと全員の集合写真。 
披露宴の会場も厨房の出入り口だからか、鳥肌が立つほど寒かった。 
今思うと店側に寒いと伝えるべきだった。
 
披露宴は特に問題なく進み1回目のお色直し。


電車で、向かいの席にサラリーマンが座っていた。そこに乗車してきた見た目が派手な女性が、サラリーマンの上に座った → 私「(;゚д゚)!?」 → するとなんと…

電車の車内

11/08/18
昨日から今朝にかけての話。

夜勤のある仕事をしてるんで、月に数回早朝の電車に乗ることがある。昨日も夜勤でほぼ始発くらいの電車に乗ってた。

都心から住宅街へ向かう電車だし平日だから普段は乗客もまばらなんだけど、昨日は珍しくちょっと混んでた。と言っても席はちらほら空いてるし、余裕で座れる程度ではあったけど。


【因果応報】小学生の時、医者の娘が看護師の娘に対して「看護婦なんてバカでもなれるからw」と嘲笑っていた → 時は流れて、ある病院で・・・

ナース

12/05/17
因果応報って忘れた頃に来ていたりしますよ。 

小学校高学年の頃、同じクラスにNちゃんとRちゃんという子がいた。
専門は違うがどちらもお医者さんの一人娘で、 
Nちゃんは大人しい優等生だが、Rちゃんはワガママないじめっ子。 

お母さんが看護師のNちゃんに対し、Rちゃんは

「看護婦なんてバカでもなれるってうちのママが言ってたw」
(Rちゃんのお母さんはピアノ講師)

更には医者になる夢を持つNちゃんをあざ笑い、

「看護婦の子供は頭悪いから、医大に入れないんだってww」

6年生の夏休み中にRちゃんのお父さんが急死した。


夜中にバイト先の店長の奥さんから電話 → 奥「助けて…すぐ来て…」→ 慌てて行くと、とんでもない光景が広がっていて・・・

びっくり

13/05/02
20年以上前に巻き込まれた修羅場の話。 

彼女とまったりしてたら電話が来た。多分0時過ぎ位だったと思う。
こんな時間に誰だと思って出たらバイト先の店長の奥さん。
俺と彼女は同じバイト先で、店長と奥さんとも仲が良い関係。 

電話で話をしたが、か弱い声で

「助けてくれ」

とか

「今すぐ来てくれ」

とか、ただ事でない気配。

外は大雨だったが、彼女を残して行くことにした。
大雨の中カッパ着て原付飛ばして10分ほどで到着。呼び鈴を押すが返事がない。


イスタンブールで、現地で知り合ったアメリカ人と飲んでいた → 突然、アメリカ人が「ゴホッ」とうめいて倒れた →「うわぁぁあああ!!」→ 恐ろしいことが起こっていた・・・

サイコ

15/11/23
2000年の8月なんだが、卒業旅行で一人旅をしていてトルコのイスタンブールにいた。

現地のクラブみたいなところで知り合った日本人とかベルギー人とかアメリカ人と
昼間みんなで周辺観光からの旧市街の安い系オープンカフェみたいなところで飯食ってた。「女いねーかなーwww」とかいいながら。

イスラムだからかイスタンブールの夜はあんまり現地の女性が飲み歩いていなかった。外人ばっかでカップル多し。
野郎同士でなんかよくわからないグループになって7,8人で飲んでた。
安い宿どこー?次どこの国いくー?みたいな話しながら。


人気記事
おすすめ記事
記事検索
今注目されている記事
話題の記事
カテゴリー
アーカイブ
Pick up
メッセージ
RSS
スポンサードリンク