姉家族の家に遊びに行った時のこと。

ドタドタと慌ただしく高2の甥が帰ってきて、姉を見つけるなり

「おふくろ!俺、バスケ部の部長になった!あと、身体測定で身長が180cm越えてた!約束守れよ!」

約束、の言葉に姉が戸惑っていると、甥は忘れたのか!?と、
憤慨気味に約束の内容を語り出した。

姉家の末っ子が生まれる前のこと。
甥(推定5歳)は、好物のハンバーグが小さいことが不満だった。
特に、父とは倍くらい大きさが違うことが許せず、母に抗議した。母は、

「甥はまだ小さいから小さいハンバーグなんだよ。大きくなったら、大きなハンバーグを作ってあげるよ」

と答えた。

すると甥は

「じゃあ、お父さんより大きくなったら(180cm以上)、僕の顔くらいの大きいハンバーグにして!牛乳いっぱい飲むから!」

と頼んだ。それに母は

「背だけ大きくなってもだめだよ。心も大きくならないと。例えば、みんなから頼りにされるような人になりなさい。そしたら作るよ」

と加えたらしい。

その約束を、甥は今日という日まで忘れずにいたわけだ。
綾野剛似で、それなりに反抗期もあって、思春期にありがちな
ぶっきらぼうで、女子にもてそうな感じの甥が、昔の約束を忘れずに、
お母さんのハンバーグに一生懸命だったなんて!

そのギャップに、おかしいのか、可愛いのか衝撃的なのかわかんない感情が
渦巻いたけど、甥は今までこのために頑張ってきたんだ!笑っちゃだめだ!と
必死にこらえてたんだけど、姉が甥の話を一通り聞いた後、大まじめな顔で

「その『顔くらいのハンバーグ』って今のあんたの顔の大きさ?それとも当時?」

と訊いたところで決壊。笑い死ぬかと思った。

その日の姉家の夕飯は、急遽ハンバーグになり、甥は
『高2現在の顔くらいある』特大ハンバーグを食べきったらしい。
バスケ部部長すげぇ。


808 :名無し2016/06/16(木) ID:6KO
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その13