大衆食堂

15/12/23
見たくもないリアルファイトを目の前で展開されたこと

場末の食堂で遅い昼飯、まばらな店内にいたボサボサ髪のジャージおっさん
そこへ金髪ネックレスの兄ちゃん二人組が来店、
席に座り注文した後おもむろにおっさんに因縁つけ始めた
 
「目があった」
「ムカつく」
など言っていたが最後に
「ここおごってくれや」
の無神経な発言

「嫌な店入っちゃったな」と思った瞬間片方の兄ちゃんが
「う”ーーー」
と唸るような声上げてうずくまった

見るとおっさんの手にナイフというよりそれ狩猟用の道具ですか?なゴツい刃物
唸りながら腹を押さえる兄ちゃんを心配した兄ちゃんの顔面にも刃物がヒット!
「あぅーーーー!」
と言いながら目の辺りを両手で押さえる兄ちゃんの指の間から
真っ赤な血がどくどくどく・・・

周囲の数人が何かわからず呆然としている店内で
料理を炒める音だけがジャッジャッと小気味よく響く

腹を押さえてる兄ちゃん(刺された?)が蹲(ツクバ)ったところに
無表情で肩口に刃物刺すおっさん
体を縮ませて防御姿勢をとる兄ちゃんに刃物を置いて
座っていた椅子で頭部へ攻撃を繰り返すおっさん

あまりの怖さに誰も止めることができない中、
頭部攻撃をやめ荒い息を吐くおっさんに給仕のおばちゃんが
「もう十分やろ」
と優しく声をかけた

その後おっさんの両肩に手を置いて
「落ち着き?」
を繰り返すおばちゃんの姿を見ながら
俺含む他の客は警察が来るまで身動きできませんでした


今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その10