少年

352: 鬼女まとめちゃんねる 2016/04/05(火)15:05:15 ID:wmo
中学時代、親友が暴走車にはねられた時が修羅場だった。

もう20年以上前の話だが
酔っ払い暴走車が次々人をはねていき、重軽傷者が出た。
そのうちの一人が親友で、重傷だった。
当時の俺は馬鹿で、重傷と重体の違いがわかっていなかった。

重傷・・・命に別状はないが深い傷や重いケガをした場合で、全治30日以上要するものを指す。

重体・・・脳や内臓などに大きな損傷があるなど、重傷の中でも生死にかかわる場合に用いられる。



また、日頃から俺と親友は

「もしもの事があったらお互いの黒歴史(という言葉は当時なかったが)を隠滅し合おう」

という固い男の約束をしていた。

親友が重傷…死ぬかもしれん!と思った俺は
親友の親が病院へ駆けつけている間に
合鍵のある場所を知っていたのでそこから家へ侵入した。

そして親友の部屋に入り、学習机の隠し引き出しから
自作の小説や作詞を書いたノートだの、
好きな女の子宛てに書いた妄想ラブレターだの
万が一デビューできた時のためのサインの練習だの
漫画のエロいシーンだけ切り取って集めたスクラップブック等を全回収した。
侵入している最中はドキドキしすぎて死にそうだった。

すぐさま自宅へ帰り、秋になってじいちゃんが焚き火するようになったら
一緒に燃やしてもらおうと思いながら、自分の机の引き出しにしまった。

その後、親友は回復した。足と腰の骨を折る重傷だったが命に別状はなかった。

あまりの安堵で、俺は親友に

「黒歴史を回収したぞ」

と言うのを忘れた。

退院してきてからでいいやと思い、普通に生活していた。


もう想像つくと思うが、その親友の黒歴史を自分の親父に発見された。
俺の机には隠し引き出しというものがなかったので誰でも簡単に見れた。

しかもうちの親父はおしゃべりクソ野郎だった。
ノートの中身やエロいスクラップブック
そしてラブレターの女の子の名前までバラされた。

その子はあくまで親友の好きな子であって、俺は別に好きな子がいたのだが
親父のせいで俺はその子を好きだということになってしまった。
しかも親友の書いた妄想ラブレターは
すでに二人が付き合っていることを前提とした
煩悩全開のかなり痛い内容だった。

ほとんど忘れたが

『きみと交わした明け方のフレンチキス』

ってフレーズだけ覚えている。

結局俺は中学を卒業するまでその子に避けられ続け、
本当に好きだった子にも距離を置かれ
クソ親父には『プワゾン』という渾名(アダナ)
(親友の小説の主人公のコードネーム)で呼ばれ続けた。

親友に感謝され、友情が壊れなかったのだけが唯一の救いだった。

その後、成人式の同窓会にて親友が上記の話を発表してくれて
濡れ衣(?)は晴れたが
代わりに親友が『プワゾン』と呼ばれるようになって少しワロタ


今までにあった修羅場を語れ【その17】