私20歳頃から5年ほど付き合った同年代の彼氏がいた。
お互い20代半ばになり、結婚の話もちらほら出ていた頃、
彼氏が最初から既婚者だったと判明。
彼氏の友達にも会ってたんだけど、
既婚を知ってるひとは黙っていたし、既婚を知らない人もいた。

付き合いだした時は21歳、確かに結婚してる人もいるだろうけど、
当時彼氏は大学生でバイト先で知り合ったのでまさか既婚者とは思わなかった。
のちに判明したんだけど、この大学生っていうのは嘘で、
ただのフリーターでした。店全体が騙されていた。

その後大学卒業して就職したと思ってたんだけど、就職先も嘘。
大学も就職先も、ちょっと特殊な嘘をつかれていて、
門限や外出許可がいるような寮があるところ。
知り合いにもそこ出身の子がいるし、
本当にそういうところなので彼氏の嘘を信じていた。
だから彼氏の家に行ったことはなくても不自然に思わなかったし、
門限があるのもたまにしか泊まりにこれないのも普通だと思っていた。
これら全部が判明して幻滅、すぐ別れて連絡も絶った。
すがられたけど、全部無視。

今思えばデート中に奥さんからの電話とかもあったけど、
彼氏は母ちゃんと呼んでいたし、
内容も久しぶり、最近どう?とかで、ほんとに実母だと思っていた。
子供もいたんだけど、それは歳の離れた弟の名前だと聞いていた。
ちなみに奥さんと久しぶりとか言ってたのは、奥さんが夜勤ありの仕事で
日勤の彼氏とは生活時間帯がずれていて
起きてるときに話すのは久しぶりだからだった。

でも5年も付き合ったからそれなりに辛いし
何より奥さんに申し訳ないし自分の見る目のなさにしばらく辛かった。
そんな日々を過ごしていたら、奥さんから手紙が来た。
もちろん不倫を訴えるという内容だったんだけど、
既婚を知らなかったこと、知った瞬間に別れてもう連絡も取ってないことを
なんとか信じてもらった。
お互いに謝りまくって終わったんだけど その後しばらくして奥さんがしんだ。

車での事故死だということだけど、正直自さつじゃないかと思う。
そのときは夜勤と偽って子どもを預けてるし、事故現場は用がなさそうな山道だった。
遺品整理の時に私の名前が書いてある封筒がでてきたようで、
親御さんが届けてくれていろいろ聞いた。
中身はうちの夫がごめんなさいという内容と
でもどうして気づかなかったのかと責める内容が交互に出てくる感じだった。

本当にそう。どうして気づかなかったんだろう。私のせいで奥さんはしんだ。
もちろんその男も悪い。でも私も悪い。
親御さんに聞くと、男は体を壊して数年フリーター、のちに就職していたらしい。
嘘ついてた特殊な職業ではなく、普通の会社に。
で、このフリーター期間に私と出会って付き合いだしたということみたい。
家では子煩悩でいい夫だったらしく、奥さんはいつも感謝していたとのこと。
そしてこの男は現在行方不明。
私と別れたぐらいから会社も辞めて急にふっといなくなったそう。
手を尽くせば探せるのかもしれないけど、もういいと親御さんはいっていた。
お子さんはまだ言葉を話さない年齢で、親御さんはまだ50前、
育てていくということだった。


私はこのことがあってから、自分を信用できなくなった。
見る目がなさすぎるし、自分が知らないだけでただ生きてるだけで
無意識に誰かを傷つけていると思うと何もできなくなり
仕事もできなくなった。
例えば、この発注で選ばれなかった商品の会社はどうなる?とか
挨拶をするだけで相手にとっての地雷を踏んでしまわないか?とか。

それで家から出られなくなって、家賃も滞り、実家に戻された。
今は実家にいるんだけど、いい歳して自分の食いぶちも稼げず
親は定年後にまた別の仕事に就いた。
もうどうやって生きていけばいいかわからない。
しんだらいいと思うけど、
親は今は何もしなくても生きているだけでいいと言ってくれ
お前が死んだら私たちも死ぬと言われている。私が死ぬことはできない。

でももう30歳すぎて、どうしたらいいのかわからない。
事故か何かでしねたらいいけど、でもそれも私を轢いた人がかわいそうだから
私にだけ天災が起きたらいいのにと思う。


283 :名無し2016/01/26(火) ID:Vhn
今までにあった修羅場を語れ【その16】