おじいちゃん

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その23
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1532966349/

174: 鬼女まとめちゃんねる 2018/08/21(火)22:02:27 ID:PfP
小さなSCのフードコートでバイトしてるけれど、今日来たお爺さんがすごかった
カウンターにいきなりバアンッ!って感じに両手をついて、こっちを睨めつけるように首をちょっとかしげて

「あのよぉう、俺ぁハローワークから来たんやが」

ってでっかい声で言われてこっちは

「???」

新しい人の面接とかオリエンテーションとかがあるなんてきいてないし、対応しようにも

「こちらにはそういったお約束があるという連絡がな「ハローワークによお、こーいうとこありますっていわれたんやて、店長おらんか?」

と言ってるそばから馬鹿でっかい声で遮られる



うちは小さい店舗だから店長じゃなくてAMが管理しているので、それを伝えようと

「申し訳ありません、只今責任者が不在ですので「なんじゃぁ!せっかくきたったのに!!」

もうこの時点できちんと紹介されてアポを取った人ではないな、というのは察してたけれど、ということはこんな不審者爺さんでもまだ一応お客様になってしまうので、なんとか丁寧に収めたくても

「責任者にお客様(お客様で正しかったのかは知らない)のことを伝「やーかーら、ハローワークにいわれたんじゃって!」

「俺ァな?しーごとやめてから家に居るのも金がかかるわやからこっちよーきとっとたんや」

「やったらぁ、ここで働いたらええやないのかって職員のにーさんがいいよってなあ!」

で話がループ&長くなりそうな気配

なんとか

「失礼ですがお客様の名前と「なんじゃぁ!」連絡先を「客じゃのうてのぉ!」こちらに記入して「先輩になるんやぞ俺ァ!」いただけませんか「なのになんじゃそりゃあ!」

と伝え、しかし本人はこちらが喋る度にさえぎるので本人聞こえてない

このくだりを細部は違うが3回繰り返してなんとか

「ここに名前と電話番かきゃぁええんやな!」

と書いてもらった

なんかこの時点でもう採用されたと思ってそうな笑顔だったけれど、訂正する気力はなかったし、コッチはもちろん向こうもそんな事はっきりと言ってないのでセーフ

渡したペンを比喩ではなく放り投げて、連絡先を書いた紙を右手でバン!って叩きつけて

「んじゃちゃーんと伝えとけよぉ嬢ちゃん」

ってようやく去っていった

その後AMに連絡したら、やっぱり

「ハロワからそんな紹介受けてない」

ということ

一応折り返し電話して、ハロワの方にも確認するけれど採用はないし、年齢的にも(私の印象では少なくとも70以上だった)無理だろうだって
まあ、それでも採用するよって言われたらそっちのほうが衝撃だけど


182: 鬼女まとめちゃんねる 2018/08/22(水)04:18:01 ID:IpG
>>174
乙乙。ハロワのにーさんも持て余してたんだろうけど、お客様相手の仕事なんか
明らかに無理なもんを無責任に誘導すんなって言ってやりたいね