男性

721:
まるゆ 02/06/28 08:37
自分の叔父。国立T大学経済学部卒業。国家公務員試験をパスしたのに、
某一流商社に就職。毎日、スーツ着て大手町にさっそうと通勤する姿は
子供心に「カッコいい!」と思っていたのだが・・・。

実は、無職だった。

会社に馴染めず人間関係にも疲れ退職したらしいが、
叔父は転職する気力もなく、半ばヒッキー状態。

世間体を気にしたばあちゃんが

「とりあえず会社に行く格好だけでもしろ」

ということで、毎日スーツを着せて外に出していたというのが真相。




叔父は毎朝スーツを着て、電車に揺られて東京へ。
1日都心をブラブラして夕方帰るという生活を続けていた。
どうりで、自分の父と比べて朝がやや遅くて帰りが早いわけだ。

ちなみに、その間の生活費はほとんどばあちゃんが出していたそうだ。(ばあちゃんはかなりの資産家)

でも、世間体って言ってもね・・・
いったいいくら叔父につぎ込んだんだよ、ばあちゃん!


723: 鬼女まとめちゃんねる 02/06/28 21:42
>>721
家に居るよりか外に出たほうがいいかも、毎日どこで何をしていたのでしょうか?


724: 鬼女まとめちゃんねる 02/06/29 21:36
>>721
何年程そういう生活しているの?


748: まるゆ 02/07/02 21:41
721です。亀レスすみませんです。


>>723
直接見た訳ではないのだが、喫茶店で時間つぶしをしたり公園で昼寝をしたりという1日。
でもメインは神田の古本屋街だった模様(叔父はかなりの読書家)。
気に入った本を手に入れては、それを読みながら過ごしていたようだ。


>>724
この生活は、大体7~8年位続いたんじゃないかな。
私が小学校を卒業する頃までは、ずっと都心に通勤(・・・のふり)していた。

それが、ある日横浜に職場が変わったと言って、いつもと逆方向に出かけるようになった。
服装もそれまでのピタっと決まったスーツから多少ラフな格好に変わった。

そのときは別に疑問も感じなかったが、今思えばその時に横浜で職にありついたのだろう。
学生時代の知人の厚意で、その友人の経営する会社の事務(経理?)の仕事についたと知ったのは、ずっと後のことだった。

その叔父が亡くなって、もう4年。
90歳超えてなお元気なうちのばあちゃんは、いまだに
子供たちの中で一番その叔父が可愛かったと言っている。


751: 鬼女まとめちゃんねる 02/07/03 23:34
>>748
そうですか7~8年も長いし辛かったろうな・・・


● 大人になってから知った家族の秘密 ●