パティシエ

670:
名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)12:17:11 ID:NfD
従兄が20代にして糖尿病発症。遺伝性なら同情するが完全に生活習慣。

従兄の家は肥満が多いのでなりやすい血筋なのかもしれないけど
でもそれまでの食生活を見てるととてもそれだけとは思えない。

母親である伯母が、従兄の糖尿発症後一気に食事制限を
厳しくし始めて従兄がぶち切れまくり。
ついにはパティシエとして働いてる私にまで転職しろと言い始めた。

それだけならまだデブの戯言乙で済むんだけど、
伯母の弟である私父が伯母に同調して

「そんな罪深い仕事辞めてしまいなさい」

とか言い出した。何が罪深いのか聞いたら

「人を病気にする仕事なんて必要ない」

だそうで、それまで実家に給料の半分を入れてたんだけど、それすら

「誰かの命を削ってまで手に入れたお金なんて欲しくない」

って突き返された。

これまで実家に入れてたお金が全部入った通帳と印鑑、
私が結婚や独立することになったら返してくれるつもりで貯めてたっぽい。
結構な金額が貯金されてるの見たら泣けてしょうがなかったけど
親とはもう価値観が違ってしまったんだと思って
引きとめてくる母親を振り切るようにして家を出て遠くの店に就職した。

家を出てからもう5年以上たつんだけど、従兄は去年30代半ばで亡くなった。

なぜか母親が

「そういう事情だから安心して戻ってきなさい」

って連絡を寄越したけど、絶対に戻らないって返した。

合併症がどうのとか聞いたけど葬式にも行ってないので詳細不明。

去年の11月に、どこから情報が漏れたのか伯母が店に電話をよこした。

「今度○ちゃん(伯母家の次女)が結婚するからお祝いにケーキでも作って」

と言われたよ。

はっきりお断りしたら、しばらくして店に私父が現れて

「うちの娘を出してください、あの子には仕事があるから」

って騒がれて、事情を知らないバイトの子が警察を呼ぶ騒ぎになった。

オーナーはこういうことはよくあるから気にするなって言ってくれたけど
結構上級クラスのお店だってこともあって、こういう騒ぎを起こすと居づらくて
結局オーナーの親戚が他県でやってる店に行ってほしいって言われた。
私の安全のためだから、年明けには移ってねって。

あっちでも同じトラブルを起こす可能性がないわけじゃないから辞退して
クリスマスの繁忙期が終わってから退職してきた。

ただいま無職中で、家でぼーっとしてる。


672: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)12:25:09 ID:Vy1
>>671
警察が来たときに被害届出せばよかったのに
最低限は出来るんだから海外に武者修行行ってくれば? 


673: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)13:09:45 ID:AN4
>>671
お疲れ様
糖尿病は生活習慣病だから文字通り生活習慣が無茶苦茶なら早死する
従兄の自業自得なのに自分の仕事まで巻き込まれちゃたまったもんじゃないよね
甘いものだけで誰かの命を削るとか、言っちゃ悪いけど無知乙としか言えない 


679: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)17:49:16 ID:2Xj
>>671
本当に乙
あの…>>671はお父さんとは本気で縁を切って(既にしているらしいとは書かれてるけど?)、
もう父は居ないんだ…とでも思わなければ、>>671自身の未来というか人生は掴み取れないんじゃないかなと。
よく2ちゃんで出てくる「毒親」だもん。

>>671のお父さんにとっては>>671よりも実姉(>>671の伯母さん)の方が多分優先順位高いんでしょ?
お父さん、結局自分が可愛い人なんだよ、実子よりも。
そういう人が実親って認めるのは相当キツいと思う。

でも自分が潰されるよりはマシと考えて、上手く逃げ切って欲しい。
お母さんも我が子である>>671よりも、お父さんを優先していると少しでも感じるなら、
悲しいし寂しいしとても辛いと想像するけれども、一緒に「今は」切り捨てて逃げ、
>>671の「出来る」「望む」生活をしてみて!


パティシエかぁー
酒呑みだけど、たまに家族と食べるあまくて綺麗でおいしいあの食べ物は
その時に確かに在る幸せの象徴…って感じで?無くなったら困るものだから
作り続けて欲しいなぁ~なんて、勝手な気持ちを押し付けてみる


685: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)19:44:57 ID:Jyf
>>671だけど、レスありがとう。

>>672
被害届はお店のほうから出してもらったけど、私個人対父・伯母へは何もできなかった。
つきまといにするには弱いらしくてね、警官から父への口頭注意をしてもらったのが精一杯。

>>679
そうですね、父親はもう死んだと思って進んでいかないと
父は妻より子より姉が大事らしいので、多分何があってもそれは変わらないと思うし。

幸せの象徴かぁ~~それはパティシエとしては心底嬉しいなぁ。
どこかのお店に勤務するとまた同じことがあるかもしれないと思って二の足を踏んでるんだけど、
>>672の言うように海外って手もあるんだなぁってぼんやり考えてる。
父親が本当に死んだら戻ってきてお店開くとか、そういうのもアリなのかも。
悲しいことにお金だけはあるから色々考えてみよう。


今までにあった修羅場を語れ【その19】