怪しい男

220 :
名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)11:31:42 ID:wPx
カウンセリングの先生の前で

「あれ、俺おかしいんじゃね?」

と気づいた時が衝撃的だった。

世界がガラガラと崩れると言うほどじゃないが価値観が揺らいでヒヤリとした。

元々カウンセリングを受けたのは離婚したくないがいためで
自分を本気で治そうと思っていたわけではなかった。

嫁を殴った自覚、記憶はあったし、暴力は悪いことだとわかっていたが
憎くて殴ったわけではないし、運動部の監督がやる
愛ある体罰のようなものであって、嫁のためを思ってやっている行為だから
暴力が悪いはわかるが離婚に至るほどのことではないという意識があった。

ある時カウンセリングの先生相手に俺は

「今後は決して暴力はふるわない。反省しているし今後の俺を嫁に見てもらいたい」

といつものように話していた。

先生はニコニコ聞いていたが、俺は

(あっこいつ真面目に聞いてねーな)

とわかった。

笑顔で聞いているふりをして聞き流しているのを察し、俺は真面目に話すのが
馬鹿らしくなり、いつもと違ってタラタラ話すことにした。

「休みの日を潰して来るの本当はダルいんすよ」

「大げさだと思うんすよね」

先生がうなずいているだけなので段々ムカついてきて

「あんたも俺のことおかしいと思ってるんでしょ?ナメてますよね」

と絡んだ。

残りの時間をフルに使って絡んだ。先生はやはりうんうんと聞いていた。

俺は最終的に

「あんたなんかワンパン一発で沈められる。怖いか?」

と聞いた。

このままのセリフではないが、こんなような意味のことを。

先生は

「うん?」

と言った。

うまく説明できないが、この時俺は

「あれ、自分がおかしいな。俺、いつからこんなにおかしかったっけ?」

と思った。

自分が変か?と気づいたとたん冷や汗が出て来て、
自分を取り巻く世界が全部信用できなくなった。

その後すぐ離婚して、鬱になって、精神科に通うようになった。
今でも完治していない。
あの世界がグラっときた感覚が忘れられなくて今でも病んでいる。


221 :名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)11:39:56 ID:cfZ
>>220
暴力で他人を思い通りにしようとしてきた罰が当たったんだね
おめでとう


223 :名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)12:04:59 ID:pMj
罰というか、もともとおかしいからなるべくしてそうなったのだろう


222 :名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)12:04:22 ID:BNB
>>220
寒気した
これが犯罪者のリアルな思考なんだな


226 :名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)19:56:12 ID:1Gt
>>220
頼むからそのまま病み続けててくれ
誰とも友達にも夫婦にもならずに独りで生きてくれ
これ以上お前の被害者増やすなよ


今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16