マフィア

父親が本物の893で小指の先がなくて背中全面に刺青入ってたんだけど
893というものが具体的に何やってるのかは知らない

小指は子供の時に

「なんでないの?」

て聞いたら

「お前が食べた」

とか

「魚にかじられた」

とかよく言われてた

兄弟分・子分の人がよくウチに来て何やら話してた(市営団地なのに)

海水浴連れてってもらった時は子供も多かったけど、
耳なし芳一かよっていうぐらい絵が入ってるおっちゃんとか
指ほとんど欠けてるおっちゃんとかがわんさかいたので、
地方の小さい海水浴場とは言えいつも周りが空いてた

おっちゃんたちは、893のくせに何故か人望のあったらしい父親のお陰でみんな優しかった
しかも自分は、迷子になっても父の事を知っていれば
連れて帰ってもらえるだろうというぐらい顔が似てた

気付いたら父は所属してる組の2代目になってて、更に気付いたら893を引退していた
893って、辞めるとなったら命がけだと思ってたけど
普通に『引退』できるもんなんだとびっくりした

土地柄かも知れんけど、同級生にぽつぽつ893の子供がいたので
親が893っていうのがそれほど珍しい事と思ってなかった

体に絵描いてるだけでは別に怖いとも思わないけど、
やっぱり母と取っ組み合いしたりデカい声で罵り合いとかしてたせいで
暴力的な男性や大声・大きい音上げる人は嫌い

父自体は自分ら子供には一切手をあげなかったどころか、
娘だったせいか溺愛されていた※父なりに…

それを見てたのに妹は奔放で、アホのシンママになり男と生活に苦労してるけど
私は何故かガチヒキオタになったものの、反面教師で農家の長男だけど
リーマンの優しい旦那と結婚して旦那・義家族にすごい大事にしてもらっている

高校生ぐらいの時に母に、

「お父さんは何してる人なの?」

て聞いたら

「893」

て言われたから、

「893って何する人なの?」

て聞いたら

「あんたたちと一緒。オタクのサークル活動。趣味の集まり」

と言われて、なるほどと思った(まあぼかされたんだろうけど)

父が所属していた組の系列?では、
ドラッグ的な物を扱ったり危険行為した組員は除名とか絶縁されてたらしい
(薬や迷惑行為やったからこいつ絶縁?みたいなFAXが流れて来てた)

自分が22~3の時に、一度17歳ぐらいの子が組に入ったとかで
うちに連れて来ててなんか話してたけど、2~3日後に自殺したらしくて
父や兄弟分・子分の人たちがすごいショック受けて落ち込んでた
めちゃくちゃ荒れてた子で、親がもう893でもいいから
何とかしてくれと言われてたらしいんだけど、大人の組織に所属して、
厳しくも色々教えてもらったり優しくしてもらって、安心しすぎたのか
ふっと何かの線が切れちゃったみたい

恐ろしいんだか優しいんだかよくわからん世界だと思った
だからといって別に893に好意的な印象などはない


91 :名無し2016/08/04(木)
チラシの裏【レスOK】三十枚目