セールスマン

226 :
名無し2016/07/16(土) ID:KJI
舅は7年前に病死、その1年後に姑は認知症になり、
現在はおむつ生活で要介護度4
うちは旦那実家の隣のコーポに住んでいて、自営業を営みながら夫婦交代で通いで介護

昨日、昼に食事を作って持っていったら知らない男が家の中にいた…

「介護関係の方ですか?」

と尋ねたら

「不動産運用のご案内を…」

その瞬間、カッとなって

「義母は認知症です!門に鍵かけてあるの見て不思議に思わなかったんですか?
家の中も全然普通じゃないでしょ!
判断力がない相手とやりとりされても困ります。お帰りください!」

ときつめに言ってしまった

男は

「え?あ?あ、すみません」

と慌てて帰ってくれて助かったけど

徘徊癖がひどいから、門に自転車のダイヤル式の鍵をかけて、
ヘルパーさんやデイサービスの人が開けやすいように
ダイヤルナンバーの札は取らずにつけたままにしてある

ボケた姑以外は誰でも開けられるけど、それを開けてまで入り込んで
インターホンを鳴らしたわけで(インターホンは玄関横。門にはない)
しかも玄関を開けたらすぐに壁じゅうに

「→トイレ」

「←おふろ」

「←せんめんじょ」

と書いた貼り紙だらけ、玄関ドアには

「いえからでないでね」

とでっかい貼り紙

それを見てもなお、スリッパをはいて上がり込む神経がわからない
あわよくば強引にサインさせて契約させようと思ったんじゃないかとか
猜疑心でいっぱいになってしまった

夫婦で自営業を継いでいるから24時間監視は無理
来週から特養入居が決定しているけど、それまで気が休まらない

認知症や介護関係と一切関わらずに生きてこれた鈍い人、
だったのかもしれないけれど、門に鍵がかかっている家はそっとしておいてほしい


227 :名無し2016/07/16(土) ID:Pkl
>>226
ただの住居侵入じゃん…


228 :名無し2016/07/16(土) ID:nBw
「入っていいって言われたから」と言われたらどうにもならない


229 :名無し2016/07/16(土) ID:KJI
>>227
姑は誰にでもガンガン話しかける構ってちゃんで、
徘徊企んで家の周りをうろついていて、そこへたまたま
営業に来た営業マンを自分から招き入れた、という可能性もあるので判断しかねるんですよ

>>228
姑が家と門のあいだにいて「どうぞどうぞ」と言った可能性も考えられます
家の外からも鍵をかけられるようにしようかという話もしてたけど、
それだとヘルパーさんやデイサービススタッフにえらい手間になるので
門だけでいいんじゃないかと
いろんな案が出たものの、旦那と隣県住まいな旦那弟は見解が違っていて
対策がなかなか進みませんでした

私としては、見てすぐに『おむつをしている』とわかる姑の様子や
門の鍵や家の貼り紙で察知できないの?と思ったんですが

これまで門の少し低くなっているところ(それでも腰以上の高さ)を
無理矢理乗り越えて徘徊したとき、
見かけた人が即認知症だと察知して通報してくれた、と聞いていたので、
見れば誰でもわかるレベルだと思っていたのですが…

認知症の知識がゼロだったら気がつかないものなのか、
売り込みたい一心で気付いていても入ってきたのか、そこが不明


230 :名無し2016/07/16(土) ID:Erd
>>229
認知症と分かるからこそ「しめしめ」と入っていったのかなって思った。
特養入居まで何事もないといいね。


231 :名無し2016/07/16(土) ID:zSD
>>229
>>230に同意です


232 :名無し2016/07/16(土) ID:vGm
>>229
うちも怪しげな訪問販売やら投資の案内やら消火器の販売やら来てたけど
玄関の見やすい位置に
 
青年後見人を立ててますので本人が契約に同意してハンコを押してもすべて無効になります

と言う感じの立札を立てたらピタリと来なくなったよ


233 :名無し2016/07/16(土) ID:zSD
>>232
すばらしいアイデア!


236 :名無し2016/07/16(土) ID:Qao
>>232
名案!実家の親に教えよう。
老女一人で家は古いけどそこそこ大きいから、セールスがすごいらしいのよね。


その神経がわからん!その22