講演会

439 :
名無し2016/03/27(日) ID:qeG
小学生の頃、学校に市長が講演に来ることになった。

田舎だったから、市長といえばエリート!というイメージがあって、
皆市長と会える日を楽しみにしていた。

そんな日々で、クラスのある女の子が

「うちのお父さん、市長さんと中学の同級生だったよ!」

と自慢してまわっていた。

彼女はとても誇らしげで、私たちは

「お父さんがエリートの市長さんと親交があったなんて、すごい!」

と羨望の眼差しを送っていた。

そして、講演当日。

講演内容は『いじめについて』だった。
市長が受けた、中学時代の壮絶ないじめを告白していた。
そして、いじめを行っていた人はクラスメイト全員だったことも。

なによりも誰とも口をきいてもらえなかったのが一番辛かった!

と涙ながらに語った。

その後数日間は、彼女に対して気まずい空気が流れた。
でも、彼女が悪いわけではないことは皆わかってたし、
だんだんと元の関係に戻っていった。

しかし、彼女は父を許さなかったらしい。
あの日以降全く口をきかなくなったそうだ。

元いじめっ子が最愛の娘から最も軽蔑されるという終わり方だった。

市長はずっと地元にいた人だったから、ひょっとしたら講演先の学校に
同級生の子どもがいるかもしれないことくらいはわかっていたんじゃないかと思う。

講演自体、市長自ら提案したものだと聞いた。


本当にやった復讐 3