包丁

150 :
おさかなくわえた名無しさん:2014/01/10(金) 23:48:03.06 ID:pqBqLpqt
昔、親父の愛人に誘拐されたことがある。 

俺は小6で、日曜日に図書館に行く途中、無理矢理車に押し込められた。 

驚いて

「いやいやいや……え?何?」

みたいなことしか言えなかったけど、中途半端に田舎だから仮に声を上げても誰も来なかっただろう。 

そのままどこかの掘っ立て小屋(割りとしっかりしてた)に連れていかれて、 

「あの人(親父)はどこなの?」 

「あなたがいなければ」 

とか質問責めにされた。 

ただ、親父は行方不明でずっと家にはいなかったし、何も答えられなくて困った顔するしかなかった。 

相手も情緒不安定だったのかずっと泣いてたし、本当に俺をどうこうしようなんて思ってなかったのかもしれない。

夜には諦めて帰してくれた。 

誘拐って言っても半日位だし、周りに迷惑掛けると思い込んでたから誰にも言ってない。 

ただ、相手も追い詰められてたんだろうな、と哀れに思った。 

ここまでが前提。 


本当に墓場まで持っていくつもりなのは、俺が親父を刺した記憶があること。 

誘拐の件よりも多分数年前、夏休みが始まって少したった頃。 

昼寝から目が覚めて、喉乾いたから洗面所に行ったら、親父がいるのが見えた。 

その時ふっと思い立った。何を考えたのかは覚えていない。ただ使命感のようなものに駆られて、台所に戻って出刃包丁を持ち出した。 

足音を立てずに親父の背後に回ると、俺は親父の背中に駆け寄った。

包丁を縦に構えたまま。 

親父が振り返った瞬間、顎にシェービングクリームがつけて目を丸くしている顔が、俺の記憶にある最後の親父。 

俺が覚えてるのはそれだけ。後は前述の誘拐事件までほとんど記憶が無い。 

何かの記憶が錯綜してたり、刷り変わってる可能性もある。ていうか、多分そっちの方が高い。 

でも確かに肉に包丁を刺して、骨に阻まれる感覚とかはリアルに覚えてる。 

事実だとしたら、どうして俺が少年院にも行かなかったのか謎だし、親父の愛人にも申し訳ない。 

妄想だとしたら、俺は親父を殺す妄想を真実だと思い込むような人間ってこと。それこそ感触まで再現出来るほど。 

どちらにせよ誰にも言えない。 

母さんが死んで4年経つけど、一度親父の行方について聞いてみれば良かった。 


152 :おさかなくわえた名無しさん:2014/01/11(土) 02:20:29.67 ID:Svmoqdj
なにその修羅場 

とりあえず大人になれてよかったな 

乙 


153 :おさかなくわえた名無しさん:2014/01/11(土) 11:32:11.94 ID:CbfovcKd
小6の数年前なら、10歳以下だろう。その位の子なら殺人犯しても、少年院行きはないだろう。 

一時的になんらかの施設には入れられるだろうが。 


154 :おさかなくわえた名無しさん:2014/01/11(土) 13:10:41.94 ID:beRlJfdc
退行催眠、とか受ければ思い出すかもしれない。 

でも無理して思い出すこともないし、親父さんもちょっと屑っぽいのは否めない感じだから 

あんまり自分を責めるなよ。 


155 :150:2014/01/11(土) 21:54:08.08 ID:T4r3SV9R
ごめん、無知だった。 

ぐぐってみたら、12歳未満だと児童自立支援施設ってとこに行くんだね。 

当時は小3か小4だったからそっちか。(どちらにせよそれに準じる記憶が無いんだけど) 

親父は、まぁ、クズだったよ。 

手を上げるのは日常茶飯事だったし、中学生の姉さん(親父とは血が繋がってない)に手を出し掛けたこともあった。 

親父の愛人も、社会的には批判されるんだろうけど、俺には可哀想に見えた。 

だから本当のことを言うと、怖いのは 

「俺が親父を殺したのかもしれない」 

ってことより

「俺は人を殺したことがあるのかもしれない」 

ってことなんだ。 

流石親父の子供、クズである。 


墓場まで持っていく話を書き込むスレ第21話