パルス

354: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/11(火) 08:16:10.93 ID:W1+mFBya
祖父の最期を看取れなかったこと。 

おじいちゃん子だった俺は、末期がんで自宅療養しているじいちゃんの家に毎日通っていた。 

容態が日に日に悪化していく中、夜中に何かあったらいけないということで交代でじいちゃんの看病(といっても基本寝ているのでそばにいるだけ)をしていた。 

その日は夜当番ということが予め分かっていたため十分睡眠をとっていたのだが、隣のソファーで横になっていると物凄い睡魔に襲われた。 

寝てはいけないと何度か睡魔と戦っていたが、いつの間にか寝てしまっていたようだ。 

次に目覚めたのは、ばあちゃんがじいちゃんを大声で呼ぶ声。 

じいちゃんは寝ている間に人工呼吸器を自ら外してしまったようで、そのまま息を引き取った。。 

ショックで呆然としている俺に、ばあちゃんは

「この事は絶対に誰にも言わんでいいからな」

と責める事なく慰
めてくれた。 

だが、自分がもし起きていれば…とショックが大きすぎてその時は涙を流すことさえ出来なかった。 

家族で誰よりも俺を可愛がってくれたじいちゃん。 

親父よりも親父らしかったじいちゃん。 

生活リズムが違うのに毎日2回必ず電話をくれていたじいちゃん。 

本当に大好きで、本当に悲しかったのに、最期をきちんと看取れなくて、涙すら流せなくて本当にごめん。 

親族は

「○○(俺)のことを一番可愛がっていたから、当番の日まで頑張ってくれてたんだよ。最期を看取れてよかったね」

と慰めてくれたが、本当は違うんだ。 

俺はじいちゃんの最期を看取ってあげることができなかった。 

この事はばあちゃんは知っているが、親族には誰にも言っていない。 

大好きだったじいちゃんの最期を、俺を待っていたという美談を壊したくなくて。 

大好きだったじいちゃんのことを、間接的とは言え俺が殺してしまったことを誰にも言いたくなくて。 

この話は墓場まで持っていこうと思っている。 

じいちゃん、本当にごめん。 


355: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/11(火) 10:35:09.88 ID:SBzdjltl
>>354
謝る事なんて無いし、悪いことなんて少しもないぞ
じいちゃんはお前が最後にそばに居てくれた事を喜んでいるって!
良い孫だったんだよ。
少し気持ちの整理に時間が必要かもしてないけど、時が解決してくれるよ。


356: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/11(火) 11:31:28.88 ID:RPk39+vY
>>354
末期がんで呼吸器つけて生かされてる状態で、苦しくないはずがないと思う
じいちゃんを○したんじゃなくて、結果的にじいちゃんを助けてあげたんだと思うよ。
じいちゃん、そんなこと全然気にしてないから大丈夫だよ


357: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/11(火) 18:14:59.80 ID:W1+mFBya
>>355->>356
実はもう10年近く前の話なんだ。
言い出すタイミングを失ったまま、ずっと胸の中につっかえてたからここで吐き出させてもらった。
二人のような言葉が欲しくて書いたのかもしれないけれど、少し気持ちが楽になったよ。
ありがとう。


359: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/11(火) 21:45:07.94 ID:625mgu1C
>>357
おじいさんは、「貴方がそばにいるうちに、逝きたかった」んだと思う。
もしかして、「寝てるから、今なら…」って事思ったかも。

>言い出すタイミングを失ったまま、ずっと胸の中につっかえてたからここで吐き出させてもらった。
>二人のような言葉が欲しくて書いたのかもしれないけれど、少し気持ちが楽になったよ。
はき出すと、楽になれるよな。
何にせよ、貴方は良いお孫さんだよ。


360: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/12(水) 10:45:39.02 ID:UJCJAr08
>>357
自分も生死の境をさまよったときがあって人工呼吸器つけてたけど、両手はベッドに固定されてたよ
患者は苦しいから外そうとするものなんだそうで、その防止のためだったらしい
そう考えると他の人も書いているようにおじいちゃんはかわいい孫がいるときに行きたかったんだと思う
自分のために毎日来てくれる孫を気遣ったのもあるだろう
おじいちゃんは楽になったんだと思うよ
「じいちゃん、ごめん」じゃなく「可愛がってくれてありがとう」だな


墓場まで持っていく話を書き込むスレ第21話