波

669 :
おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2016/01/15(金) 10:50:41.42 ID:cDT+xGZM.net

フェイク盛るけど、内容は真実です。 
以前知り合った2つ年下の女の子が話してくれたこと。


「震災の時、津波に飲まれるはずだった県道で、家族みんな渋滞にハマってた」

『車を捨てて行くか』と母が慌てていた時、父親が、『お前ら目をつぶって伏せろ、いいか、何も見るんじゃ無いぞ』と、言った」

「私たち家族の車は歩道を走った。人を、車で押しのけた」 

「ノンストップで山道にたどり着いた瞬間、下道は津波に飲み込まれた。私達の車しか、間に合わなかった」 

「安全な高さまで行くと、人が何人もいた。私達は荷物を降ろし、車を濁流に捨てた」 

「車を見て理由を察したのか、見知らぬおじいさんが父に『大丈夫、大丈夫だ。あんたは家族を守った、下の人間は、間に合わなかった。あんた達は命を繋いだんだ』と言っていたのを今でも一字一句間違わず覚えている」 

「ただ、あの時の感触と赤濡れた車を忘れることができなくて、私は海の無い埼玉の大学に進学したんだ」


673 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2016/01/15(金) 11:30:03.80 ID:You0Vk2X.net
>>669 
ま、当事者以外には何も言えんな。 
その時にならないと自分がどういう行動するかもわからん。 

俺は娘抱えて死ぬほど走ったわ。 
あの時の俺は絶対ラドクリフを超えたね、うん(´・ω・`)


何を書いても構いませんので@生活全般板 665