小学校高学年

783 :名無しさん@おーぷん :2015/10/14(水)14:38:15 ID:Lk9
数年前、一番下の子が就職し家を出て行った。

以来、旦那と二人暮らし。

「これからは好きな事をすればいいさ」と言われても子供たちが居ないのは寂しい。

お隣の奥さんも同様に子供が巣立ったので、家の前の道路で、近くで近所の子供たちが遊んでいるのを見ながら思い出話をしながら「寂しいね」と立ち話をした。

それから数日後、ピンポンが鳴って玄関先に出ると見知らぬ小学校高学年風の男の子。

「遊びに来てあげた」といって外の門扉を開けて入ってこようとした。

びっくりして門を押さえながら「あなたは誰?」「何の用?」など聞いたら

「おばちゃん、寂しいのでしょ、遊びに来てあげた」としれっと言った。

更に腰を抜かしそうになりながらも、「誰にも来てくれなんて頼んでいない。そもそも、あなたは知らない。」と言ったら、その見知らぬ小学生の男の子(以降、ガキ)が「おばちゃんが、寂しくてかわいそうだから遊びに来てあげたんだよ」「手をどけてよ」とさも当然の権利のように言った。

あまりの展開に頭がクラクラしたが、「とにかくあなたを家に入れる気はない、帰れ」「許していないのに無理に家に入るのは強盗と同じだから、これから警察を呼ぶ」と言うとガキは逃げていった。


その夜、旦那に昼の話をして「うちに人が居ないことを誰かに話したんだろう、不注意だ」と叱られているとピンポンが鳴った。

昼間の事もあってインターホンの対応が嫌だから旦那に出てもらったら、インターホンの受話器超しに怒号が聞こえた。

その子の親が怒鳴り込んで来てた。「うちの〇龍(ガキの名前らしい)がせっかく遊びに来てやったのに、強盗扱いしたとは許せん。謝罪と誠意を示せ」とわめくように叫んでいた。

旦那は見た目ただのおっさんだが、声はものすごく大きく通る。その大音声で「躾がなってない子が勝手に赤の他人の家に押しかけて、親が謝りにきたかと思ったら、なんという物言いだ。帰れ、警察を呼ぶ。警察だっ!警察を呼べ」と怒鳴った。

その声が聞こえたのか、近所の方々が数人ワラワラと外へ出てきた。

その中の一人の人がガキの親に向かって「〇〇さん、またあんたの子、それやったの?」と聞いたら、ガキの親が「馬鹿が!タヒんでしまえ!」と叫んで帰って行った。


うちの子供と年齢がかなり離れていたので知らなかったですが、近所で有名な親子でした。

私が子供が出て寂しいと話したのは隣の奥さんと家の前で立ち話をした時だけ。

お隣の奥さんも近所付き合いが薄い方で、よその内情をペラペラ話す人ではない。

思えば、あの立ち話をしていた時に、そばで遊んでいた子供のなかにあのガキがいたのでしょう。

でも、その当時、放置児という言葉は知りませんでしたが、ああいう子供が存在し、わけわからん事で「謝罪と誠意を示せ」という親がいる事が衝撃的だった。

それからそのガキはあちこちで同様な騒ぎを起こしながら大きくなり、高校を卒業したかしなかったか詳しく知りませんが、家を出ていったらしく見かけなくなりました。

そのガキの親が「子供がいなくて寂しい」と言ったと、近所の人から聞いてものすごく衝撃的でした。


先日の大学生の内定率のニュースを見て思い出したので、カキコしました。


今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9