クズ男

15/10/19
よし、夜中だし書き逃げ。

昔まだ小学校低学年のころ近所にいた中学生男子、名前はKとする。

こいつは私たちが下校するのを待ち構えては性的ないじめというかイタズラをするので嫌われ者だった。

被害内容は幅広く、肌着見せて、みたいな軽めのものから下を舐めさせろとかKのブツを触らせられたりとか

ギリギリ行為には及ばなかったけど女の子達は怯えて一人きりではなく何人かで帰るようになったり
男子と一緒に帰ったりしてた。

するとKはターゲットを男子にまで広げてきたんだ

女の子を見逃すかわりにお前が満足させろとかそういう言い方。

Kは小学生目線から見ると体が大きくて怖くて、大人に言ったらひどい目に遭わせるぞと脅してたので誰にも言えず泣き寝入り。

ていうか男にイタズラされたなんて恥ずかしくて男子が言えるはずもなかった気がする。

たぶん半年くらいか、そんな地獄のような日々を送っていたがKの受験がきっかけだったと思う。

イタズラはぷっつりと止んだ。

これが前提で、月日は経ち、私は結婚して家を離れたが
夏休みなんかは一人息子を連れて実家に遊びにきてたのね。


92 :名無しさん@おーぷん :2015/10/19(月)02:53:57 ID:59H
ある夏のこと、母親が留守にすると言うので私は実家で夕食を作ってた。

すると庭先に回覧板を持った男がやってきたんだけど私を見るなり
「あれぇ?(私)ちゃん?(私)ちゃんだよね!」
とニコニコ話しかけてきた。

誰だかわからなくて驚いていると
中学生の息子がお母さん夕飯なにーってTシャツにトランクスで奥から出てきてさ

「息子さん大きくなったね」
って今度はニヤリと笑った。

そこへ父が犬の散歩から帰ってきて少し世間話みたいなのしてる間、一生懸命に思い出そうとしたけどわからなくって。

夕飯を食べながら、回覧板を持ってきた人は誰?と父に聞いてみたら…

だいたい想像はつくだろうけどKだった。

「小さいころ良く遊んでくれたのに覚えてないのか」とか笑ってんの、父。

目の前グラグラもう吐きそうになりながらも今どうしてるのか聞いてみたら、結婚して家を継いで子どもも何人かいるらしい

息子は何回か会ったことがあるけど私はすれ違いで初めて顔を合わせたということを知った。

この世に神様なんかいないよ。

どうしてKみたいな変態で人間のクズがまともな人間のふりして普通に家庭を持ってのうのうと暮らしてるんだろう。

いっそアイツのしてきた、男の子にまで手を出してたことぶちまけてやろうかと思ったけど

逆恨みされるのが怖くて誰にも言えてないし実家に行くのイヤだ。

あの顔を思い出しただけでうわあぁあ!ってなるド修羅場を書き捨てる。


今までにあった修羅場を語れ【その14】