売られた女性

979 :
名無しさん@おーぷん :2015/11/18(水)00:01:33 ID:GTJ
私の黒い過去は 養父は本当は結婚させられるはずの相手だったこと。

親に養父の家(第一次産業)に売られた。
養父は
「今更家にも戻れないだろう、うちも早朝は切実に人手が足りない。
まさか15歳の女の子に俺の年(当時養父40過ぎ)で手を出したりしないし
昼間は高校に行かせるから働いて手伝ってくれ」
と言われた。

養父は本当に養爺と養婆を説得し、しかも夕食後はすぐ『夫婦の部屋』に私は行っていい約束にしてくれた。
養父と同じ部屋に寝ていたけど一度も手は出されていないし、
着替えの時も養父の方から出ていってくれたし、高校も行かせてくれた。
簿記の資格も高卒一年目でなんとかとって、養父の家業を本格的に手伝った。
養父はその時期も同じ部屋だけど手を出したりしないでいてくれて、石女と騒ぐ養爺と養婆からも守ってくれた。

21歳の時、養婆が死んだ。
その時養父から養子縁組を頼まれた。
実は養父は色盲で、子供に遺伝させるのが不憫で子作りはしたくなくて、でもこの家業は誰かに継いでほしいから、と。
養子縁組をして、その頃にはもう寝室も別で本当に親子のような関係だった。
26で旦那と知り合って婿養子に来てもらって子供も生まれて子供はもうすぐ私が養父と出会った歳を超える。
旦那には実両親の虐待を見かねて養父が引き取ってくれたことにしてある、これはむしろ養父の希望。
養父は今は入院しているけど、孫が待ってるんだよ、絶対治ってね。


奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.2