金庫

819 :
名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)11:44:45 ID:IUxZpnPyP
現在アラフィフなんですが、ひと月ほど前に父が亡くなりました。母も、父が亡くなる2年ほど前に亡くなっています。
一人娘だったので年内をめどに実家を処分しようと思い、週末ごとに実家に帰って、遺品整理をしています。

母親がもともと余り物を置くのが嫌いだったせいもあり、母親が亡くなった時に、母親のものや不用品等はそこそこ片付いていたのですが、父親の蔵書や古い写真などが多くなかなか遺品の整理が終わりません。

とりあえず父親の書斎だけでも片づけてしまおうと思いがんばっていたのですが、
一番大きな本棚の下の引き戸を開けると、結構大きな金庫が出てきました。

番号がわからないので、どうしようと思いあちこち鍵がないか探しました。引き戸の裏側に番号が書いてあったので、番号を合わせると簡単に金庫が開いたのです。

金庫の中身は、古いS◯雑誌が入っていました。

ちょっとというか、かなりというか衝撃を受けつつも、興味が沸きつい本を開いてしまいました。

目を隠すように黒い線が入っていますが...

確かに若かりし頃の母でした。

そして撮影場所は、結婚するまで掛かり付けだった開業医の診察室だったんです。(今は若先生に代わってはいますが...)

雑誌を手にしたまま呆然としてしまいました。今もなんだか混乱しています。

老先生はかなり前に亡くなったのですが、ひょっとして同好の士だったのかと気づき、ひょっとして若先生は知ってるのかもと思うと、心の中がかなり修羅場。

こんなこと旦那に相談できない。


今までにあった修羅場を語れ【その3】