鬼女まとめちゃんねる|生活2chまとめブログ

2ちゃんねるから鬼女(既婚女性)・気団(既婚男性)・生活・修羅場・復讐・胸くそが悪い話・閲覧注意・黒い過去・黒い今・馴れ初め・結婚・出産・育児・キチママ・泥ママ・セコキチ・託児ママ・気違い・キチガイ・きちがい・基地外・報告者がキチ・くず・ご近所・職場・会社・毒親・いじめ・搾取子・不妊様・妊婦様・ロミオメール・ジュリエットメールなどをまとめているサイトです。

【”部落”差別が無くならない本当の理由】私が小学校の時のクラスメートの話をしようと思います・・・

民家

07/02/03

私が小学校の時のクラスメートの話をしようと思います。 
その女子は友達がいませんでした。性格が悪く、ちょっとした事で
暴力を振るったり怒鳴り散らしたりしたからです。 

特に女の子なのに相手のことを

「お前」

と呼び、逆上すると

「ぶっ殺してやる!!」

と叫ぶのにはうんざりしました。

【※狂気】DQN「目があった。ムカつく。おごれや」おっさん「・・・」→ DQN「・・・うーーー!あぅーーーー!!」凄惨な光景に身動き一つ出来なかった・・・

男性の目

15/12/23
見たくもないリアルファイトを目の前で展開されたこと

場末の食堂で遅い昼飯、まばらな店内にいたボサボサ髪のジャージおっさん
そこへ金髪ネックレスの兄ちゃん二人組が来店、
席に座り注文した後おもむろにおっさんに因縁つけ始めた
 

【唖然】早朝6:50から挙式+披露宴... 親族みんな遠方なのにお車代も前泊費用も一切無しと傍若無人... 疎遠にしてたのに先日着信があり・・・

花束

16/06/04
新郎新婦が初めて出会ったのが数年前の6月18日の朝6:50(通勤途中で)

それだけの理由で、早朝6:50からの式+披露宴
披露宴の食事が朝食(8:00サーブ開始)なんて人生初めてだ
というか、こんな早朝に式を挙げさせてくれる会場があるなんてびっくりだよ
と思ってよくよく聞いたら新婦の勤務先=会場とかふざけてんのか新婦の上司も断れよ

『嫁、2周目に突入します』宣言!! 私のあと、2度結婚・離婚したバツ3の元旦那から爆笑のロミオメールが届くwww

うえー

16/06/07

元旦那の不倫相手が乗り込んできて、それから1週間後には
離婚届を提出したのが6年前
子供は当時5歳と6歳で、上の子はあと半年で卒園だという時だったので
本当に申し訳ないことをしてしまった

キチママ「ギブ・ミー・アイス!ギブ・ミー・アイス!私の両親893!警察呼ぶなら呼んでみろ!」→ 私「じゃあ...」→ 通報した結果・・・

めっ!

13/10/04

私は小梨なんだけど、キチママに会った話。 

私の家の前に公園があって、そこに野球とかできるグランドもある。 
地域の少年野球チームが土日祝の午前中とか、午後とかに使って
練習してるんだけど、このチームの少年達が月一で近所の掃除をしてくれる。 

夫「受注額大幅アップか!やったな!!」夫の後輩「    」→ 工エエェェ(´д`)ェェエエ工

狂ってる女

15/12/09
旦那の会社には、取引先というか、
営業に行った先の女の子とすぐ寝ちゃう営業マンがいる。
しかも可愛い新卒だったり、お局様だったり、
デブだったりと見境なしだ。
顔はウエンツに似てるハーフっぽい美少年系のイケメンらしいのだけれど、
仕事はちょいちょいポカをする。
みんな多分、多分そこがたまらないんだろう。

私「母子手帳もらった?クレジットカードタイプ?」コトメ「うん。VISA」→ 私(アホだな... 婚約者の父上にこの会話送ってやろうw)→ すると・・・

ふん

13/04/29
私が物心つく前に両親が事故で亡くなったため母方の伯父伯母に育てられた。 
伯母(母の姉)が母と10歳ほど年が離れていたため親という年には無理がある上、
(伯母が45歳の時の子供になってしまう)
伯父と伯母が事実婚という複雑な事情から養子縁組せずに育てられた。 

でも10歳になるまでお父さん・お母さんと呼んでいたし、
10歳のときに伯父伯母から両親の死について知らされた後も、
伯父伯母のことをお父さん・お母さんと呼ばせてもらっていた。
伯母が病気のために子供を産めない体だったが子供好きだったため 
実子のように愛情を注いでもらい何不自由なく大学まで行かせてもらえて
好きな勉強をさせてもらった。
伯父伯母本当に感謝している。
ここまでが前提。 

電車で酔っ払いから大学生(♀)を助けた。後日、携帯にお礼の電話... 俺「なんで番号わかったの?」大学生「あの...これ...」→ 俺「・・・処分してください」恥ずかしいモノ渡してた・・・

打たれ弱い

15/10/31
ちょっと前の話。 
仕事の移動で電車に乗ってた時、車内は比較的空いていてちらほら空席がある状態。 
俺は優先席のそばの扉のところに立って読書をしていた。
ちなみに官能小説近○相○もの。ブックカバーしてるから周りからはわからない。 

しばらくすると、隣の車両から酔っ払いが一人でわめき散らしながらこっちの向かってくる。 
そのとき、連結近くの優先席には40代くらいのスーツおっさん。60代くらいのおばちゃん。 
女子大生風のお姉さん。
お姉さんは試験でも近いのか膝の上にノートを広げて一生懸命勉強していた。 

人気記事
おすすめ記事
記事検索
今注目されている記事
話題の記事
カテゴリー
アーカイブ
Pick up
メッセージ
RSS
スポンサードリンク