鬼女まとめちゃんねる|生活2chまとめブログ

2ちゃんねるから鬼女(既婚女性)・気団(既婚男性)・生活・修羅場・復讐・胸くそが悪い話・閲覧注意・黒い過去・黒い今・馴れ初め・結婚・出産・育児・キチママ・泥ママ・セコキチ・託児ママ・気違い・キチガイ・きちがい・基地外・報告者がキチ・くず・ご近所・職場・会社・毒親・いじめ・搾取子・不妊様・妊婦様・ロミオメール・ジュリエットメールなどをまとめているサイトです。

【後味が悪い】「…はなし…やれ。……まき……に……な」

08/05/08
先に飛び降りの話を書いていて思い出しました。
一昔前のことですが、目の前で見た、ちょっと洒落にならない話です。 


年末、某県のフェリー乗り場で船の時間待ちをしていた。 寒空の下、
ベンチに座って海を眺めてたら、駐車場で
妙な動きをしている軽四に気が付いた。 
区画に入れたと思えばすぐに出たり、駐車場内をグルグル回ったり。 

何してんだ?とボンヤリ見てると、俺の側まで来て停まり、
中年の痩せた女が出てきた。 
続けて、娘と思われる小学校低学年位の女の子と、
もう少し年長の女の子が出てきて、中年女にジュースを買って貰っていた。 
自販機を探してたのか、と思い、俺はそれきり興味を無くしていた。

【ムナクソ】地獄は彼の心の中にある

10/06/27
仮称Aってダチがいた 
小学校の頃はよく遊んでた 
良いやつだった 

何歳の頃だったかもおぼえてないけど 
誕生日会に呼ばれた 
リビングにとおされると部屋の中が暗かった 
Aがなきそうな顔だった気がする 
Aのお母さんがでてきてカーテンを開けた 
すると一部だけぬれた布団がベランダで干されていた 
Aは母親の袖をひいて泣き喚いていたが 
当の母親はにたにたと笑っていた 
Aがおねしょをするたびにどれだけ大変か 
その誕生日会はAの母親の自慢話大会となった 
その翌日からAはオネションというあだ名をつけられた 

【後味が悪い話】虐待の輪廻

16/01/09
娘と息子を、差別してしまったこと

私は生まれてずっと不幸せだった
いいことなんて何もなかった
私の生まれ育った家は、昔ながらだった
母も私も、しょっちゅう殴られていた
 
けど一番辛かったのは、作った料理を、
不味いと言われて、顔に投げ付けられること
殴られるのは、アザが出来るぐらいだったから
それでも、兄弟で私だけ家事を担当させられていたし、
作らないと殴られるから、作ってた

【自業自得】DV夫は捨てられる。。哀れな最後・・・

16/01/10
近所に顔の骨がずれてる婆さんがいた。
爺さんが喧嘩のたび「そこで寝ろ!」とお婆さんを寝かせて、
コーンと頭?顔?を蹴るんだそうだ。
それを毎回やられてたら顔がずれてしまったらしい。

というのは噂だったが、
爺さんが「そこへ寝ろ!」→悲鳴っていうのはたまに聞こえてきたし
婆さんに「そこへ立て!」って気を付けの姿勢させてから
ぶん殴ってたのは俺も見たことがある。
だから多分本当だったんだと思う。

【人が怖い】母からのLINE

16/01/10
「なんで生きてるの?自分の存在が迷惑だって気づいてないの?
同じ惑星にあなたが住んでるってだけですごく気分悪いよ。」
というラインを母から受け取った。

【不思議な話】僕の中に『私』がいる

15/12/30
自分は鈴木花子(仮名)で父・太郎と母・春子の間に生まれて姉・夕子との二人姉妹。

幼稚園の頃に仲良しだったあっちゃんと遊んでた時に
2人で階段から落ちて頭を怪我した事がある。
小学校2年の時に体調悪くて教室で吐いてしまった事があって
しばらくは『ゲロハキン』ってあだ名つけられて不登校になった。
一か月程度だけど。

【元嫁の本性】周りを巻き込むその手法に、薄気味悪さを感じる・・・

16/01/13
当時、仕事人間だった自分は同期の中で有望視されて期待をかけられていた。
だが仕事にだけ打ち込んでいたせいで独り暮らしなのに家事は一切せずにいた。
 
そんな話を飲み会のときにしてたら、数人の女性達から口説かれた。
手作り弁当や手作りの菓子、「部屋を掃除してあげるよ」などなど、
有り難くも対応に困る申し出をしてくる自信満々の綺麗な女性たち。
 
その中でも一番料理が美味しくいつも笑顔と人気の癒し系美人と付き合うことになった。
口説いてきたのは向こうなのに、俺が告白したことにされていたのがひっかかった。

キチ?アスペ?クズ?旦那には全力で逃げて欲しい...こんな頭イカれてる奴は、なに言っても無駄。。

16/01/12
夫婦喧嘩について相談させてください。夜の話があります。結婚4年目です。

旦那;会社員 29歳
私 ;会社員 31歳

結婚してすぐに私の仕事が忙しくなり、夫婦の時間があまり取れなくなりました。(土日も出なければならない事が多かったです)
それでも旦那は自分の負担を増やして、私の負担を減らしたり、
晩ご飯を作って待ってくれて一緒に晩ご飯を食べることで
できるだけ2人の時間の確保に努めてくれましたし、私もそれに甘えていました。
また丸一日使うような種類の趣味も理解してくれて、
やっと取れた休みの日に趣味に行く私を快く送り出してくれました。

人気記事
おすすめ記事
記事検索
今注目されている記事
話題の記事
カテゴリー
アーカイブ
Pick up
メッセージ
RSS
スポンサードリンク